配信/mail (106)

Sun, 15 Apr 2012 21:09:02 JST (2405d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルビデオクラブ(Mental Video Club)
☆  <第107回>
★                    2001年 12月13日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://homepage1.nifty.com/kazu_m/
☆ E-Mail:mvc@mba.nifty.ne.jp
★ 発行者:KAZU
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。

■作品名 「マイ・ドッグ・スキップ」'00年度作品
■監督  ジェイ・ラッセル
■主演  フランキー・ミューニース、ダイアン・レイン、ケヴィン・ベー
コン

■内容
 1942年、ミシシッピーに住む少年ウィリー(フランキー・ミューニー
ス)は、8歳の誕生日を迎えた。しかし内気な性格から友達と呼べるのは、
隣家に住む青年ただ一人であった。その青年も出兵し、友達がいなくなった
ウィリーを救うべく、母親(ダイアン・レイン)は反対する父親(ケヴィン・
ベーコン)を強引に説き伏せて子犬をプレセントとした。
 その日からスキップと名づけられた子犬はウィリーと寝食を共に過ごし
た。スキップは時にウィリーの恋のキューピットに、時に元気を無くしたウ
ィリーの支えにと大活躍し、ウィリーの性格も徐々に明るくなっていった。
 そんなある日、少年野球の試合中に事件が発生した。

■お勧めポイント
 ウィリー・モリスさんの自伝小説をもとに映画化した作品です。この映画
を観ても、動物が持つ癒しの力は、図りきれないのが判ります。それに映画
に出演したワンちゃんの演技のうまいこと、これも感心させられます。
 動物と人間のハートフルなストーリーに付け加えて、この映画にはもうひ
とつ描かれている人間ドラマがあります。ちょうど勃発した太平洋戦争が人
の心をどのように変えたのかが表現されています。
 物語の途中では「スタンド・バイ・ミー」を連想させるような冒険シーン
もあり、ほのぼのした青春映画に出来上がっています。年老いたスキップが
自力でウィリーのベッドに上がれないのを、猛反対したはずの父親がやさし
く押し上げてあげるシーンが印象的です。
 寒い日が続いてきました。この作品を暖かい部屋で鑑賞して、心も温めて
みませんか。

笑える度   ★★★
ファイト度  ☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★★
スッキリ度  ☆☆☆
感動度    ★★★

■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「マイ・スィート・シェフィールド」
    NHK衛星第二   12月20日(木) 01:00~

■お知らせ
 お便りや掲示板への書き込みをありがとうございます。
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
このメールマガジンを途中から購読された方は、ホームページ上にある
「リスト」から過去に紹介した作品もレンタル時のご参考にして下さい。
そこではスペースの関係からタイトルと主演、あらすじ、が表示されます。
iモードでもタイトル一覧が表示できます。詳しくはホームページへ。

メンタルビデオクラブのホームページ
          http://homepage1.nifty.com/kazu_m/
KAZU( E-Mail:mvc@mba.nifty.ne.jp

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇Macky!(ID:1929)       http://macky.nifty.com/
◇メルマガ天国(ID:259)       http://melten.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルビデオクラブの「購読・解除」ページをご利用して
下さい。 http://homepage1.nifty.com/kazu_m/


<<<<<<<素晴らしきビデオライフを>>>>>>>