配信/mail (221)

Sun, 15 Apr 2012 21:09:37 JST (2406d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第222回>
★                    2004年 5月27日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://homepage1.nifty.com/kazu_m/
☆ E-Mail:mvc@mba.nifty.ne.jp
★ 発行者:KAZU
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。

■作品名 「王様の漢方」'02年度作品
■監督  ニュウ・ポ
■出演  チュウ・シュイ、渡辺 篤史

■内容
 市川(渡辺 篤史)は会社を経営しているが今ひとつ芳しくなかった。会
社を立て直すためにサラ金からも借金をするようになった。
 市川には会社以外にも悩みがあった。40年来悩みつづけた持病の眼痛だ
った。全てが赤っぽく見えるのだった。日本で色々な医者にかかったが、直
ることはなかった。北京で偶然訪れた李仁(チュウ・シュイ)の漢方店で、
市川の持病は3分で消え去った。
 サラ金の取り立てに切羽詰った市川は、苦肉の策を考えついた。日本から
不治の病で悩んでいる人々を李仁の所へ連れて行き、直してもらうというも
のだった。題して「漢方旅行団」ツアーという企画だった。
 さっそく参加したメンバーは、末期のガン、インポ、おかま、というよう
な問題を抱えている人々だった。果して市川や参加したメンバーの希望通り
に、彼らの病は治るのだろうか。また、市川のどん底生活も治療することが
出来るのであろうか。

■お勧めポイント
 万里の長城を背景に撮りためたロケ風景が非常に美しい作品です。
 最初に驚かされたのが、旅行団をもてなす夕食のメニューです。どれもゲ
テものばかりを集めた料理に、メンバーはこれから先を悲観し、ぞっとしま
す。観ている私も中国漢方というイメージから、このような料理が体には効
くのだという先入観がありました。どれも食べられたものではありません。
でもせっかくのもてなしだと思ったメンバーは、いやいや口にしようとしま
す。実はこの料理は、メンバーの病気を知るための診察だったのです。どの
料理に口を出すかで、その人の病気がわかるのです。
 個々の悩みにあった治療が行われていきます。観ていくに連れて、どこか
清々しい気分になり、心が癒されていきます。これは私一人ではなく、観る
もの全てに伝わる内容だと思います。
 漢方医役のチュウ・シュイさんは、以前ご紹介した「變臉(へんめん)」
に出ていたお爺さんと言えばお分かりでしょう。この役も似合っていました
が、漢方医役も適役です。さらに市川役の渡辺篤史さんといえば、これこそ
みなさんお馴染みの「住まい探訪」のオーソラリティ。そのキャラクタをツ
アーコンダクターにしたら、この作品の役柄になったと思うほどピッタリで
す(笑)。
 この作品を御覧になられたら、まず、気分が落ち着きます。次に中国料理
か漢方薬が欲しくなります。人によっては太極拳を始めたり、痩せる決意を
したりも考えます。あるいは万里の長城を観たいとか、さまざまな気持ちに
なると思います。いずれにしても中国五千年の歴史を目の前で垣間見る機会
を得ると思います。

笑える度   ★★★
ファイト度  ☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★★
スッキリ度  ☆☆☆☆
感動度    ★★★

―<< 広告 >>―――――――――――――――――――――――――――――――
 【蔵出し骨董・福井秀雄商店 丹後美術倶楽部】 
 豊かな”ライフ”のお手伝いは、丹後美術倶楽部にお任せください。
 骨董、古美術、アンティークは、
 「穏やかな時間」「安らぎの空間」「広く大きな心」
 で、人を豊かにすると思いませんか。幣店のHPも、是非一度ご覧下さい。
 http://www.tanbi.jp/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
上の“蔵出し”って言葉知っていますか?蔵から初めて出た物。つまり本邦初公開
のお宝がたくさんあるらしいですよ。

■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「愛と悲しみのボレロ」
   日本テレビ系      6月 3日(木) 00:03~

■お知らせ
 メンタルビデオクラブが4月1日よりメンタルシネマクラブに生まれ変
わりました。レンタル店で借りられる映画は、ビデオだけでなく、DVDも
増えてきましたので、ビデオに限定せず、広く映画を表すシネマという表記
に変えました。

 次期ホームページが出来てきました。もう少しです。今回は紹介済み作品
のデータベースを作りたくって、違うサーバへ移行中です。
 ともかく一度遊びに来てください。
http://kazuhome.hn.org/~mcc/  新メンタルシネマクラブ

 メンタルシネマクラブ映画情報完成も後わずかです。がんばってください。ホームページ制作担当のカオ・スマイルさん、よろしくです。
http://www.kao-smile.com/    カオ・スマイルさん

■お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
このメールマガジンを途中から購読された方は、ホームページ上にある
「ご紹介済作品」から過去に紹介した作品もレンタル時のご参考にして下さい。
そこではスペースの関係からタイトルと主演、あらすじ、が表示されます。
iモードでもタイトル一覧が表示できます。詳しくはホームページへ。

メンタルビデオクラブのホームページ
          http://homepage1.nifty.com/kazu_m/
KAZU( E-Mail:mvc@mba.nifty.ne.jp

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇Macky!(ID:1929)       http://macky.nifty.com/
◇メルマガ天国(ID:259)       http://melten.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルビデオクラブの「購読・解除」ページをご利用して
下さい。 http://homepage1.nifty.com/kazu_m/


<<<<<<<素晴らしきビデオライフを>>>>>>>