配信/mail (223)

Sun, 15 Apr 2012 21:09:38 JST (2405d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第224回>
★                    2004年 6月10日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://kazuhome.hn.org/~mcc/
☆ E-Mail:mvc@mba.nifty.ne.jp
★ 発行者:KAZU
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。

■作品名 「ドクトル・ジバゴ」'65年度作品
■監督  デヴィッド・リーン
■出演  オマー・シャリフ、ジュリー・クリスティ

■内容
 ロシア革命前、ロシアに一人の医者で詩人でもあるジバゴ(オマー・シャ
リフ)が住んでいた。彼は孤児になってから母親の友人に育てられた。そし
てその友人の娘と結婚することになった。その結婚式の最中、一発の銃声が
鳴り響いた。強欲な金持ちに弄ばれた女性ラーラ(ジュリー・クリスティ)
が、その金持ちを撃ったのだった。
 第一次世界大戦が始まり、ジバゴは医師として戦場に出向いた。その戦場
で一人の看護婦と出会った。それがラーラだった。ラーラは戦場に行った主
人を探しに来ていた。戦争が終わる頃、二人は惹かれ合うようになっていた。
でも互いの家庭を壊さないように純愛のまま別れた。
 久しぶりに戻った故郷は悲壮な場所に変わっていた。ロシア革命で人も町
も変わり果てていた。この先、ジバゴにどのような人生が待ち構えているの
か、誰も知る術はない。

■お勧めポイント
 壮大な一大抒情詩です。
 194分という長編大作ですが、人間の一生を描くにはこれでも十分では
ないのを感じます。この作品は一度御覧になられただけでは理解できないく
だりも多いと思います。何度か見直していくうちに、それぞれの場面のつな
がりが鮮明になっていき、この作品がより一層素晴らしいものになります。
 ジバゴの人生は激動の一生と言えます。現代の私には映画の中の主人公で
はありますが、人生は波乱に満ちており、多くの分岐点があるのを教えてく
れます。その分岐点で自分自身あるいは周りから選ばれた選択によって、人
生がどのように変わっていくものか、この作品を見ながら、時に喜び、時に
哀れみを感じさせてくれます。これはジバゴの人生だけでなく、ラーラや登
場する人物それぞれにいえます。
 ラーラ役のジュリー・クリスティは、くっきりとした瞳が強い信念をもつ
ラーラの性格を見事に伝えてくれます。ラーラの人生をみて思い出されるの
が、「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラです。どちらの女性も激動
の時代を強い意志で生き抜く姿は、全ての人に深い感銘を与えてくれます。
 「ラーラのテーマ」。バラライカの哀愁漂うメロディが、見終わった後で
も脳裏で繰り返されます。まるでオルゴールを聞いているかのように。
 梅雨の季節がやってきました。週末はこの作品を一日かけてゆっくりと御
覧になられてはどうでしょうか。

笑える度   ★
ファイト度  ☆☆☆☆
ほのぼの度  ★
スッキリ度  ☆☆
感動度    ★★★★

―<< 広告 >>―――――――――――――――――――――――――――――――
 【蔵出し骨董・福井秀雄商店 丹後美術倶楽部】 
 豊かな”ライフ”のお手伝いは、丹後美術倶楽部にお任せください。
 骨董、古美術、アンティークは、
 「穏やかな時間」「安らぎの空間」「広く大きな心」
 で、人を豊かにすると思いませんか。幣店のHPも、是非一度ご覧下さい。
 http://www.tanbi.jp/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
上の“蔵出し”って言葉知っていますか?蔵から初めて出た物。つまり本邦初公開
のお宝がたくさんあるらしいですよ。

■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「ブラインド・デート」(メンタルシネマクラブご紹介済作品)
   NHK衛星第二     6月14日(月) 20:00~
・「フォー・ウェディング」(メンタルシネマクラブご紹介済作品)
   NHK衛星第二     6月15日(火) 20:00~
・「ウェディング・プランナー」
   NHK衛星第二     6月17日(木) 20:00~
・「ユー・ガット・メール」
   NHK衛星第二     6月18日(金) 20:15~

■お知らせ
 メンタルビデオクラブが4月1日よりメンタルシネマクラブに生まれ変
わりました。レンタル店で借りられる映画は、ビデオだけでなく、DVDも
増えてきましたので、ビデオに限定せず、広く映画を表すシネマという表記
に変えました。

 次期ホームページが出来てきました。もう少しです。今回は紹介済み作品
のデータベースを作りたくって、違うサーバへ移行します。
 ともかく一度遊びに来てください。
http://kazuhome.hn.org/~mcc/  新メンタルシネマクラブ

■お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
このメールマガジンを途中から購読された方は、ホームページ上にある
「ご紹介済作品」から過去に紹介した作品もレンタル時のご参考にして下さい。
そこではスペースの関係からタイトルと主演、あらすじ、が表示されます。
iモードでもタイトル一覧が表示できます。詳しくはホームページへ。

メンタルビデオクラブのホームページ
          http://kazuhome.hn.org/~mcc/
KAZU( E-Mail:mvc@mba.nifty.ne.jp

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇Macky!(ID:1929)       http://macky.nifty.com/
◇メルマガ天国(ID:259)       http://melten.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルビデオクラブの「購読・解除」ページをご利用して
下さい。 http://kazuhome.hn.org/~mcc/


<<<<<<<素晴らしきビデオライフを>>>>>>>