配信/mail (261)

Sun, 15 Apr 2012 21:09:49 JST (2403d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第262回>
★                    2005年 4月14日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://kazuhome.hn.org/~mcc/
☆ E-Mail:mvc@mba.nifty.ne.jp
★ 発行者:KAZU
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。

■作品名 「北京的西瓜」'89年度作品
■監督  大林 宣彦
■出演  ベンガル、もたいまさこ

■内容
 千葉県船橋市のとある八百屋「八百春」に、一人の青年がやってきた。何
を買うでもなく長い間、野菜を見つめていた。翌日、再びその青年が店にや
ってきた。主人の春三(ベンガル)が問い詰めると、野菜が欲しいが高いと
言う。50円のチンゲン菜を5円にしろと春三に迫る。この青年は中国から
の留学生で日本の物価高では生活できないのだった。しぶしぶジャンケンに
勝ったら10円にするということで決着がついた。

 翌日、彼は再び現れて、ジャンケンを迫った。これが最後とジャンケンを
したが、今日は青年が勝つことができなかった。
 春三が配達をしていると、例の青年が運ばれる途中だった。栄養失調で倒
れたのだった。

 人の良い春三は留学生たちを集めてごちそうをすることにした。それがき
っかけで春三と留学生たちの交流が始まった。しかし元来世話好きの春三は、
八百屋の仕事もそっちのけで留学生たちと遊び歩くようになった。さらに仕
入れに必要なお金さえも彼らのためにつぎ込み始めた。当然、女房の美智(も
たいまさこ)は快く思わず、だんだん春三との仲は冷えていった。

■お勧めポイント
 中国からの留学生との親交を深め、彼らからお父さんとまで言われるよう
になった堀越春三さん一家の実話です。

 物語の途中から、自己本位に思える留学生たちの行動に、憤りを感じるぐ
らいです。その結果、八百春一家は一家離散の直前までに追い込まれてしま
います。どうしてそこまで彼らに尽くすのでしょうか?色々な要因はありま
すが、基本的に、お人好しで頼りにされたら断れない性格なのです。

 この作品の撮影秘話をご紹介しておきます。家庭崩壊の危機が迫って、春
三さんと美智さんが、とうとう大喧嘩を始めるシーンがあります。その撮影
現場で、撮影中にも関わらず、後ろのほうから泣き声が聞こえてきたそうで
す。大林監督は、撮影中なのはスタッフの誰もが判っていることなのに、誰
だろうと振り返ると、見学に来ていた春三さんと美智さんのご本人達だった
のです。まさに自分たちの喧嘩もこんな感じだったと、辛かった当時を思い
出したそうです。
 物語が進むにつれて、仲の良かった家族がすさんでいきます。だんだん顔
色が曇っていく美智さんの表情がすべて語っています。

 これだけで終わる作品ならば、誰も見たくないと思いますし、私もご紹介
しません。春三さんが度重なる心労から入院した頃から、彼をお父さんとま
で慕う留学生たちの愛情が画面を通じて伝わってきます。中国のことわざに
「受一滴水恩 必将湧水相報」というのがあるそうです。この言葉が物語の
ラストで紹介されます。その意味を知って、留学生たちからのプレゼントを
見たら、春三さん一家の苦労が報われ、この作品を観た人も晴れた気持ちで、
見終えることができます。私は涙が出ました。

 この当時、日本の物価の10分の一が、中国の物価だったそうです。どこ
か日本人とは違うようでいて、同じ心をもった人間には違いないというのを、
この作品で実感しました。

 タイトルの「北京的西瓜」ですが、物語の中で、西瓜(スイカ)は中国の
西瓜と日本の西瓜とどちらが美味しいのか、春三さんと留学生の間で言い合
いになるシーンからきています。

 この週末は、この作品をご覧になってみませんか。撮影当時は天安門広場
事件の影響で、中国ロケも出来なかったという当時の事情も盛り込まれてい
ます。

笑える度   ★★
ファイト度  ☆☆
ほのぼの度  ★★★
スッキリ度  ☆☆☆
感動度    ★★★

 私も心をうたれたヤンクミの名語録、ぜひどうぞ!  KAZU
―――――――――<< PR広告 >>-――――――――――――――
テレビでおなじみ「ごくせん」で登場する名セリフを掲載していきます。
人生の哲学、明日の希望、心を癒すヤンクミの語録を改めて聞いてみてください。
http://www.mag2.com/m/0000151855.htm
――――――――――――――――――――――――――――――――――

■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「幸福の黄色いハンカチ」
http://kazuhome.hn.org/~mcc/work.php?NO=68
   日本テレビ系     4月15日(金) 21:03~
――――――――――――――――――――――――――――――
・「初恋のきた道」
http://kazuhome.hn.org/~mcc/work.php?NO=114
   NHK衛星第二    4月16日(土) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
・「マスク」
http://kazuhome.hn.org/~mcc/work.php?NO=24
   テレビ朝日系     4月17日(日) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
・「銀河鉄道の夜」
   NHK衛星第二    4月18日(月) 20:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
・「千年女優」
   NHK衛星第二    4月19日(火) 20:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。

     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇

 習い事を始めてみたくなる春です。こんな講座はどうでしょうか?
 私も受けてみたいと思いますが無理でしょうね(苦笑)。 KAZU
―――――――――<< PR広告 >>-――――――――――――――
『エール学園エールリカレントカレッジ』
・「ブログ講座」開催
http://www.ehle.ac.jp/rec/brog.html
・「Webデータベースアプリケーション講座」
http://www.ehle.ac.jp/rec/data_base.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――

■今週の一言
 良い季節になってきました。ゴールデンウィークも近づいています。さて、今年の予定はもう立てましたか?良い休日を過ごしてくださいね。

■お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルビデオクラブのホームページ
          http://kazuhome.hn.org/~mcc/
KAZU( E-Mail:mvc@mba.nifty.ne.jp

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇Macky!(ID:1929)       http://macky.nifty.com/
◇メルマガ天国(ID:259)       http://melten.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルビデオクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://kazuhome.hn.org/~mcc/


<<<<<<<素晴らしきビデオライフを>>>>>>>