配信/mail (282)

Sun, 15 Apr 2012 21:09:57 JST (2406d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第283回>
★                    2005年10月20日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://kazuhome.hn.org/~mcc/
☆ E-Mail:mvc@mba.nifty.ne.jp
★ 発行者:KAZU
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。

■作品名 「第5惑星」'85年度作品
■監督  ウォルフガング・ベーターゼン
■出演  デニス・クエイド、ルイス・ゴセット・Jr

■内容
 21世紀後半、地球人はドラコ星人と惑星戦争に突入した。
 ある日、戦闘機のパイロットであるダビッジ(デニス・クエイド)らはド
ラコ星人と空中戦になり、敵味方ともダメージを受けて不時着した。そして
地球人はダビッジだけが生き残った。

 ドラコ星人の機体を発見したダビッジは、仲間の仇を討つため、ドラコ星
人の機体へと近づいた。ドラコ星人の生き残りも一人だけのようだった。不
意をつくつもりが不覚にも、ダビッジは捕虜になってしまった。

 ドラコ星人ジェリバ(ルイス・ゴセット・Jr)が保有する僅かな物資と
地球人ダビッジのサバイバルへの対応力が生き残るためには不可欠だった。

 こうして二人は敵味方ではあるが、生き続けるため、共に暮らし始めた。
協力し合うには、お互いの言葉・文化を理解することが必要だった。

■お勧めポイント
 異性人の交流を描いたSFヒューマンドラマです。
 宇宙人が登場するSF映画なのですが、内容は感動的なヒューマンドラマ
です。

 敵味方同士が理解しあう作品として、「太平洋の地獄」という第2次世界
大戦を舞台にしたリー・マーヴィンさんと三船敏郎さんの作品がありました。
この舞台を太平洋から宇宙に変えると、このような作品になります。しかも
「第5惑星」は後半に、さらなる物語の展開があります。

 初めてドラコ星人を見たときはゾッとしました。映画でも「ヒキガエル」
とか「トカゲ野郎」という表現があり、独特の鳴き声が不気味に感じさせま
す。さらにドラコ星人役のルイス・ゴセット・Jrさんの面影が全くわから
ないほどのメーキャップがさらなる恐怖を誘います。

 それほど気持ち悪く感じたドラコ星人の姿も、物語が進むにつれてダビッ
ジが理解していくと同じく、親しみを感じるまでになりました。

 ドラコ星人の崇拝する神に対して、地球ではミッキーマウスという神がい
ることを教えてしまうダビッジのユーモアには脱帽です。

 物語の途中から胸打つシーンが増えてきて、ラストシーンは感動に涙さえ
出てくる異色のSF作品です。ちょっと残酷なシーンが余計なところもあり
ますが、全体には心打たれる作品に出来上がっています。

 秋の夜長はこの作品を見ながらゆったりと、人生を味わってみませんか。

笑える度   ★★
ファイト度  ☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★
スッキリ度  ☆☆
感動度    ★★★

■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「キャスパー」
   日本テレビ系    10月21日(金) 21:03~
――――――――――――――――――――――――――――――
・「踊る大捜査線THE MOVIE2
          レインボーブリッジを封鎖せよ!」
   フジテレビ系    10月22日(土) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
・「男はつらいよ寅次郎相合い傘」
   NHK衛星第二   10月22日(土) 21:03~
――――――――――――――――――――――――――――――
・「少年時代」
   NHK衛星第二   10月23日(日)  0:40~
――――――――――――――――――――――――――――――
・「太陽がいっぱい」
   NHK衛星第二   10月24日(月) 20:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
・「ミスタア・ロバーツ」
   NHK衛星第二   10月25日(火) 14:50~
――――――――――――――――――――――――――――――
・「老人と海」
   NHK衛星第二   10月27日(木) 15:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。

     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇

■今週の一言
 今週は異色作品をご紹介しました。ちょっと残酷な部分もあるので、この
3週間ほど紹介すべきか迷っていました。でもSF映画でこのような作品と
いうのもそれほど多くはないことと、お便りを頂いた人にSF映画の紹介を
希望されている方がおられました。

 これを幸いにこの作品をご紹介することにしました。私自身も知り合いか
ら教えて頂いた作品です。当クラブの多くの人が賛同して頂けると信じて、
この作品をお贈りします。

■お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルビデオクラブのホームページ
          http://kazuhome.hn.org/~mcc/
KAZU( E-Mail:mvc@mba.nifty.ne.jp

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇Ransta(ID:1939)       http://ransta.jp/
◇メルマガ天国(ID:259)       http://melten.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルビデオクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://kazuhome.hn.org/~mcc/


<<<<<<<素晴らしきビデオライフを>>>>>>>