配信/mail (295)

Sun, 15 Apr 2012 21:10:01 JST (2405d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第296回>
★                    2006年 1月26日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://kazuhome.hn.org/~mcc/
☆ E-Mail:mvc@mba.nifty.ne.jp
★ 発行者:KAZU
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。

■作品名 「卒業の朝」'02年度作品
■監督  マイケル・ホフマン
■出演  ケヴィン・クライン

■内容
 1976年、名門の聖ベネティクト校にいつものように、新入生たちがやってきた。
ここで西洋文明を長年にわたって教鞭をしてきたハンダート教授(ケヴィン・クライ
ン)は、彼らもまた、次世代をまかなう優秀な人材として世に送り出すために、熱弁
を続けた。
 ある日、一人の転校生がやってきた。彼の名はベルといい、問題児だった。ハンダ
ート教授がやることに、ことごとく反発するのだった。ベルは上院議員の息子で、自
由奔放な、いや、むしろ投げやりな毎日を送っていた。
 優れた知能をもち、その才能を発揮することで、父親さえも見返すことができると、
ハンダート教授から教えられたベルは、寝る間も惜しんで勉強に勤しんだ。その結果
は、学年トップクラスの成績だった。
 聖ベネティクト校では毎年、「ジュリアス・シーザー・コンテスト」なる行事があり、
学年トップ3が彼らの知性を競うものだ。そのトップ3を決めるべく、ハンダート教
授の思案が始まる。それはハンダート教授にとって、後々まで心に残る決断になると
は、その時点では思いもよらないことだった。

■お勧めポイント
 学園を舞台にしたヒューマンドラマです。
 父親も優れた先生であり、父親以上に威厳をもったハンダート教授は、自分の教え
方に信念をもっていました。でもその信念が揺らぐほど、大きなショックを受ける事
件が発生します。彼の性格は、ベル自身より彼の父親によるものが大きいと思います。
この物語の最初に「人の性格は運命と同じ」という格言が紹介されます。
 悲しい結末ではなく、涙もそそる感動の結末で、さきほどの格言も、身にしみて実
感できます。

 「ジュリアス・シーザー・コンテスト」の場面は、どうなるのか、本当にハラハラ
します。また、そのリベンジの場面も凝視してしまいます。これ以上は物語をご覧頂
いて、自分自身で確かめてみてください。

 物語は生徒との交流だけでなく、学校の経営方法からくる派閥問題も描かれていて、
純粋に学問だけを進めるハンダート教授の半生をみることができます。
 クリケットでしょうか?この場面は笑えます。

笑える度   ★★
ファイト度  ☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★
スッキリ度  ☆☆
感動度    ★★★

■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「102」
   フジテレビ系      1月28日(土) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
・「HERO 英雄」
   テレビ朝日系      1月29日(土) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。

     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇

■今週の一言
 毎日、たくさんのメールを頂きます。本当にありがとうございます。
 購読者のみなさんからのメールは、とても楽しく勇気付けられます。本当にありが
とうございます。

 最近、スパムメールと呼ばれる広告メールが多数送られてきます。その数が非常に
多く、その中にみなさんからのメールも混在しているのが現状です。でも、みなさん
からのメールのほとんどは目を通せていると思います。また、ご返事をしている場合
も多いです。

 先日、スパムメールに紛れていたメールのいくつかを間違って削除してしまいまし
た。内容は見た後だったのですが、中にはご返事しないといけないものも含まれてい
ました。本当にごめんなさい。

 その中で気になったメールが、このメルマガへの広告依頼のものです。基本的に、
このメルマガの趣旨に沿ったものかどうかが掲載基準になります。どのような内容な
のか、広告を実際に添えて頂いたほうが判断しやすいです。この点をご理解のうえ、
お問い合わせください。よろしくお願いします。

■お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルビデオクラブのホームページ
          http://kazuhome.hn.org/~mcc/
KAZU( E-Mail:mvc@mba.nifty.ne.jp

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇Ransta(ID:1939)       http://ransta.jp/
◇メルマガ天国(ID:259)       http://melten.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルビデオクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://kazuhome.hn.org/~mcc/


<<<<<<<素晴らしきビデオライフを>>>>>>>