配信/mail (377)

Sun, 15 Apr 2012 21:10:28 JST (2403d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第378回>
★                    2010年12月23日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:KAZU
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「カールじいさんの空飛ぶ家」 '09年度作品
■監督  ピート・ドクター
■出演  エドワード・アズナー(声)、ジョーダン・ナガイ(声)
 
■内容
 カール(エドワード・アズナー)は、冒険を夢見る少年だった。同じよう
に、彼の近所に住むエリーも冒険にとりつかれた少女であった。
 
 彼らの憧れは、冒険家チャールズ・マンツであり、彼が冒険した南アフリ
カのパラダイスの滝に興味をもっていた。
 
 すっかり意気投合した二人は、成年後に結婚し小さな家で住み始めた。
 二人の人生は進み、その間に多くの幸せと、少しの悲しみがあった。パラ
ダイスの滝に行こうと始めた貯金は、他の費用に補われて、いつしかその夢
は忘れ去られていた。
 
 歳をとったカールは、ふと、エリーが「パラダイスの滝に連れて行け」と
幼い頃から言っていたことを思い出し、それを実現しようとした。しかし、
その矢先、エリーは帰らぬ人となった。
 
 それから長い月日が流れ、カールの家の周りは土地開発が進み、カールの
家だけが残されていた。土地開発の会社は、カールの土地を手に入れようと、
あの手この手を尽くしたが、カールじいさんは頑固に拒否した。それはエリ
ーとの思い出が一杯詰まった家であり、エリーはパラダイスの滝に、この家
を運んで、二人で暮らそうと話した大切な家であるからである。
 
 そんな折、ちょっとした事から土地開発の社員とトラブルになったカール
じいさんは、老人ホームに行かされることになった。
 
 思いつめたカールじいさんは、たまたまやってきたボーイスカウトのラス
テル(ジョーダン・ナガイ)と共に、南アフリカを目指して家もろとも旅に
出た。
 
 
■お勧めポイント
 ディズニー・ピクサーの冒険アニメーションです。
 私が一番好きなのは、冒頭からエリーが亡くなってしまうまでを綴ったシー
ンです。特に、幼いエリーが目を輝かせてカールに夢を語るシーンが好きです。
日本語吹き替えでご覧になると最高だと思います。私でも彼女の夢を実現させ
てやろうという気になりました。
 
 風船を一杯つけた家が空高く浮き上がっていくシーンも素晴らしいです。風
船が本物のように意志をもっているかのように羽ばたくのを、口を開けて見守
ってしまいました。
 
 この作品、子供向けだと思う人も多いかもしれませんが、大人の方が感動す
るように思います。先ほどご紹介しましたように、カールがなぜここまで、家
を持ってパラダイスの滝に行こうとするのかが切実に表現されています。
 
 上級ボーイスカウトになるためにカールじいさんの家をラステルも、不幸な
身の上であることが徐々に判ってきます。冒険後のラステルのシーンも、感動
すること間違いなしです。
 
 日本語吹き替えの声優さんたちの声も素晴らしく、ストーリーだけでなく声
でも楽しませてくれます。さらにアニメーションとは思えないリアルな人間、
動物の数々もシーンを引き立ててくれています。
 
 さて、この作品では犬たちが突如「リス!?」と叫び、会話を中断してしま
います。これってどういうことと思っていました。その理由を知りたい方は、
ネットで検索してみてください。なるほどと思えるこだわりの理由がありまし
た。
 
 家族揃って、あるいは、大人だけでご覧になられても、十分に楽しめる作品
です。どうぞワインを片手にゆっくりとご覧になられてください。
 
 
笑える度   ★★★★
ファイト度  ☆☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★★
スッキリ度  ☆☆☆
感動度    ★★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」
   NHK衛星第二     12月26日(日) 21:00~
・「マイフェアレディ」
   NHK衛星第二     12月27日(月) 13:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。

     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇

■今週の一言
 あっという間に今年も過ぎようとしています。本当に早いものです。このメ
ールマガジンを出せる回数も少なくなってしまい、楽しみにされている方々に
は本当にすみません。これからも心に優しい作品を数多くご紹介していきたい
と思いますので、どうぞよろしくお願いします。
 それでは良いお年をお迎えください。
 おっと、その前に、Merry Christmas!
 
お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルビデオクラブのホームページ
          http://mcc.kao-smile.net/
KAZU( E-Mail:mcc@kao-smile.net

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルビデオクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>