配信/mail (404)

Sun, 15 Apr 2012 21:10:36 JST (2404d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第405回>
★                    2012年 3月 8日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「ヒア アフター」 '10年度作品
■監督  クリント・イーストウッド
■出演  マット・ディモン、セシル・ドゥ・フランス、
     フランキー・マクラレン
 
■内容
 フランスの一流ジャーナリストであるマリー(セシル・ドゥ・フランス)は、
旅行先で大津波にあった。九死に一生を得たマリーは、帰国後も仕事に手がつ
かないありさまだった。マリーの様子を見た彼氏でもあるディレクターは、マ
リーを第一線から遠のけた。
 
 ジョージ(マット・ディモン)は、有能な霊能者であった。相手の体に触れ
ると、その人の過ごした人生が分かる。でも相手のことが分かるということは、
その人が抱えている悲しみをも認識することであった。それが苦痛でジョージ
は霊能を辞めて工場で働くことにした。
 
 マーカス(フランキー・マクラレン)には双子の兄がいた。いつも横にいて
自分を可愛がってくれた兄は事故で死んでしまった。兄がいなくなって孤独を
感じるマーカスであった。
 
 何のつながりもない三人がめぐり逢えた。そして、新たな絆が誕生した。
 
 
■お勧めポイント
 クリント・イーストウッド監督のヒューマン作品です。
 
 冒頭に大津波のシーンがあります。こんなのは映画の中でしか観ることも
ないだろうと思っていました。私がこの作品を観たのは2011年3月11日の
午前中でした。夕方、この作品と同じような映像をテレビで観ました。
 
 主人公のマリーがどのような体験をしたのか、それは本人にしか分かりま
せん。でもこんな体験をしたのかなということを、この作品を観て知ること
ができます。私が感じる何倍もの出来事であったと思います。
 
 周りの誰もがマリーのことを分かってくれません。分かってくれるのは同
じような体験をした人だけでした。でもマリーはその体験を本にまとめるこ
とにしました。
 
 他人にふれると、その人のことが分かってしまう能力は、ちょっと考える
と便利なものです。でも知らなくても良いことまで分かってしまうのは、有
難迷惑であるのを知らされました。マット・ディモン演じる霊能者が、どの
ような苦悩をもつのかは、この作品の後半で分かります。たしかにこのよう
な苦悩があれば、霊能者をやりたくないのも良くわかります。
 
 少年マーカスは、いつも頼りにしていた兄を突然亡くした悲しみから、自
閉症になります。そして兄ともう一度話したいと考えます。それを実現して
くれる霊能者を探しますが、どの霊能者もインチキなものばかりです。本物
の霊能者であるジョージとのやりとりを見れば、その違いがよくわかります。
 
 ラストシーンは感動して涙が出ます。主人公の三人は、違う国で暮らして
います。国が違えば職業も違う、年齢も違う。そんな三人がどうやって巡り
合うのかなと思って観ていました。最後の最後まで三人の人生は交わりませ
ん。でもそれぞれの立場がうまく重なり合い、とうとう巡り合います。私に
はチャップリンの「街の灯」を思い浮かべる情景と音楽でした。
 
 「誰よりも助けが必要なのは自分である。」というジョージのセリフが身に
染みました。
 
 この週末はどうぞこの作品をご覧ください。
 
 
笑える度   ★
ファイト度  ☆☆
ほのぼの度  ★
スッキリ度  ☆
感動度    ★★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「グラン・プリ」
   BSプレミアム       3月 9日(金) 13:00~
・「ファンタスティック・フォー」
   日本テレビ系        3月 9日(金) 21:00~
・「マイ・フェア・レディ」
   BSプレミアム       3月12日(月) 22:00~
・「王将」
   BSプレミアム       3月13日(火) 22:00~
・「スミス都へ行く」
   BSプレミアム       3月14日(水) 13:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今週の一言
 東日本大震災によって被災された皆様、影響を受けられた皆様に、心よりお
見舞い申し上げます。
 
 がんばれって言葉は、これ以上何をがんばれというのかと思う人も多いと思
います。でもどうか元気を出して頂きたいから言います。
 『明日もがんばルンバ!でも無理しなくてもいいよ。』
 
 
お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>