配信/mail (415)

Sat, 26 May 2012 19:39:06 JST (2365d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第415回>
★                    2012年 5月24日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「ALWAYS 三丁目の夕日」 '05年度作品
■監督  山崎 貴
■出演  吉岡 秀隆、堤 真一、小雪
 
■内容
 昭和33年の東京、集団就職で上京した六子であった。就職先は鈴木オート
という自動車会社で、いずれは社長秘書にでもなる立身出世を夢見ていた。
 
 上野駅まで迎えに来たのは、社長の鈴木則文(堤 真一)であった。六子の
喜びもつかの間、社長自ら運転する車は、おんぼろのオート三輪であった。さ
らに着いた先は、会社というよりも町の自動車修理店が相応しい個人商店であ
った。
 
 夕日町にはいろいろな人が住んでいる。駄菓子屋をやっている茶川竜之介
(吉岡 秀隆)もその一人である。駄菓子屋をやりながら、小説家として大成
することを目標にしていた。
 
 三丁目で飲み屋を始めたヒロミ(小雪)は、茶川が金持ちのボンボンだと思
い込み、孤児の淳之介を推しつけた。
 
 
■お勧めポイント
 西岸良平さんの漫画「三丁目の夕日」を映画化したものです。
 原作は、ショートストーリーで綴る下町人情ドラマです。毎回ほろっとさせ
る内容で、映画では、もたいまさこさんが演じているおばあちゃんの話やら、
鈴木オートで起こる人間ドラマを、面白おかしく紹介してくれます。
 
 映画では六子という女の子が集団就職してくることになっていますが、原作
では男の子で星野六郎です。やがて彼の妹サクラがやってきますが、映画では
早く女っ気が欲しかったのでしょうね(笑)。
 映画では堀北真希さんが演じていますが、田舎育ちで純粋に一生懸命に生き
る姿が良く似合っています。これがきっかけになったのでしょうか、現在放映
中のNHK朝ドラ「梅ちゃん先生」の純粋な女の子役にも通じます。
 
 物語の後半は、吉岡秀隆さん演じる茶川竜之介と、居候になった淳之介との
話がメインになります。そして淳之介を押し付けたヒロミとの愛もあり、涙な
くして見られないストーリーです。
 
 さて、物語は昭和33年の東京下町が舞台です。各シーンで、懐かしいと思
う人や、何のことか判らないという人も多いと思います。おじいちゃん、おば
あちゃんがおられる家庭では、ぜひ一緒に見てください。詳しくどういうこと
か、解説してくれると思います。また、時代背景がどのようになっていたかも、
聞いてみてくださいね。映画でもCGを多用することで、懐かしい場面を再現
しています。
 
 この頃って、自分の子供とか他人の子供とか関係なく、みんな子供を大切に
してくれました。また、「遠くの親戚よりも近所の他人」という言葉があるよ
うに、近所の人と助け合って生きてきました。どこの横丁でも、この映画のよ
うな人間模様が実際に繰り広げられていました。
 
 この年、日本躍進のシンボルとして作られたのが東京タワーです。この物語
でも徐々に完成していく東京タワーが登場します。先日、東京スカイタワーが
完成しました。新しい日本の躍進のシンボルになってくれるのを期待したいと
思います。
 
 
笑える度   ★★★★
ファイト度  ☆☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★★
スッキリ度  ☆☆☆☆
感動度    ★★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「メン・イン・ブラック」
   日本テレビ系        5月25日(金) 21:00~
・「インビクタス/負けざる者たち」
   BSプレミアム       5月25日(金) 24:00~
・「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
   BSプレミアム       5月26日(土) 20:00~
・「いつか晴れた日に」
   BSプレミアム       5月28日(月) 13:00~
・「めぐり逢えたら」
   BSプレミアム       5月28日(月) 21:00~
・「時代屋の女房」
   BSプレミアム       5月29日(火) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今週の一言
 今回、西岸良平さん原作の「三丁目の夕日」をご紹介しました。この作品も
好きですが、「鎌倉物語」という作品も大好きです。鎌倉に住む魔物たちと人
間との交流を描いた作品なのです。魔物と言うと恐ろしく感じますが、この作
品に出てくる魔物は、ものすごく人間味に溢れた奴が多いです。人の好いおば
あちゃんに、魔物もついつい情けを掛けてしまう涙ながすものが多いです。
 
 ぜひ、原作もご覧になってみてください。
 
 『明日もがんばルンバ!でも無理しなくてもいいよ。共に生きましょう。』
 
 
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>