配信/mail (416)

Thu, 14 Jun 2012 14:53:38 JST (2346d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第416回>
★                    2012年 5月31日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「オーケストラ!」 '09年度作品
■監督  ラデュ・ミヘイレアニュ
■出演  アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン
 
■内容
 ロシアの名門ボリショイ交響楽団で清掃員のアンドレイ(アレクセイ・グシ
ュコフ)は、偶然届いたFAXに目を止めた。パリのシャトレ座から出演依頼
だったからだ。アンドレイは着信履歴など受信が判るものを消去して、そのF
AXを持ち去った。
 
 翌日からアンドレイは、昔の仲間に連絡をとった。アンドレイは、自分たち
がボリショイ交響楽団としてシャトレ座で演奏しようと考えたからだ。
 それもそのはず、アンドレイはこの楽団で天才指揮者として一世を風靡した
人である。だが当時のロシアは、ユダヤ人の排斥運動が高まった。それでユダ
ヤ系のアンドレイも指揮者としての地位を失ってしまった過去がある。
 
 昔の仲間はアンドレイ同様、落ちぶれた生活を送っていたが、アンドレイの
誘いを快く引き受けた。それもそのはず、憧れのパリに行けるからである。
 
 アンドレイたちはボリショイ交響楽団と偽って、シャトレ座と連絡をとり、
急な依頼を引き受ける代わりに、いろいろな要求を伝えた。その一つに、若く
して名声を馳せたバイオリストのアンヌ(メラニー・ロラン)と共演させろと
いうものが含まれていた。
 
 急な依頼にアンヌのマネージャーは依頼を却下したが、アンヌ自身が伝説の
指揮者であるアンドレイと共演できると知り、手放しでOKを出した。それも
そのはず、ボリショイ楽団との共演は、彼女の夢であったからである。
 
 偽ボリショイ楽団はパリに着いたが、楽団員たちはホテルに着くやいな、町
に繰り出して戻ってこなかった。リハーサルの時も数人の楽団員とアンヌだけ
であった。
 
 そして演奏会の当日が始まろうとしていた。
 
 
■お勧めポイント
 音楽を題材にしたヒューマンドラマです。
 
 先日、「英国王のスピーチ」をご紹介しました。スピーチの苦手な国王が、
コンプレックスを克服して、立派に演説するまでを描いた物語でした。
 
 人がコミュニケーションをとるのに、一番使う“言葉”をいかに相手に伝え
るかを描いた作品です。
 今回の作品は“音楽”を通じて、初めて会う人々が、30年ぶりに一緒に演
奏することになった人々が、一言もしゃべらなくても、お互いを理解し、協力
し、尊敬しあう、そんな物語を描いています。
 
 まず、とても楽しいです。旧ボリショイ楽団の人々は、かつての上流階級と
は無関係な暮らしをしていますが、いずれの人も楽しそうに色々な仕事をして
暮らしています。パスポートを持っていないからと、空港内で偽パスポートを
作成するシーンも笑わせてくれます。
 
 全員無茶苦茶なことをして、演奏会のことなど気にもとめていないようです
が、最後の最後に全員がシャトレ座に集まってきます。リハーサルもしていな
いものですから、音もさっぱりです。ところが、アンヌの独奏を聞くなり、楽
団員たちに音楽家としての魂が蘇ってきます。このシーン、ほとんど誰でも、
その違いに驚くと思います。よほどの音楽音痴でなければ、個々の音の集まり
が、心地好く調和していくのに気づきます。
 
 最初に書きましたが、音楽は初対面の人であっても、言葉が通じない人であ
っても、あるいは相手が動物であっても、理解し合えるものです。演奏や歌が
唄える人は自分を伝える有益なコミュニケーションの手段です。スポーツも同
じことが言えると思います。
 
 この物語には、もう一つ重要なテーマが入っています。なぜ、アンドレイは
アンヌとの共演を希望したのでしょうか?アンヌはなぜ、ボリショイ楽団との
共演が夢だったのでしょうか?そこには深いつながりがあったのです。そのつ
ながりも演奏を通じて判りあえていくのです。
 
 春も充実してきました。どうかこの作品で音楽を聴いて心地好い時間を楽し
んでください。前半の楽しいシーンの数々、後半の演奏会での素晴らしいクラ
シック音楽を、ぜひ楽しんでくださいね。
 
 この作品はワインを片手にポテチでも食べながらが、よく似合います。ただ、
演奏会のシーンではポテチは止めましょうね(笑)。
 
笑える度   ★★★★
ファイト度  ☆☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★★
スッキリ度  ☆☆☆☆☆
感動度    ★★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「Emma エマ」
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%2843%29
   BSプレミアム       6月 1日(金) 13:00~
・「そんな彼なら捨てちゃえば?」
   日本テレビ系        6月 1日(金) 21:00~
・「エリザベス」
   BSプレミアム       6月 1日(金) 24:00~
・「宇宙戦争」
   テレビ朝日系        6月 3日(日) 21:35~
・「シックス・センス」
   TBSテレビ系       6月 6日(水) 21:00~
・「マイ・フェア・レディ」
   BSプレミアム       6月 4日(月) 13:00~
・「ガス燈」
   BSプレミアム       6月 5日(火) 13:00~
・「恋するトマト」
   BSプレミアム       6月 6日(水) 13:00~
・「お引越し」
   BSプレミアム       6月 7日(木) 13:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今週の一言
 以前、このメルマガでも紹介しましたが、「マイ・フレンド・フォーエバー」
のDVDが発売されました。ずっとDVD化されてなく、仕方なくVHSを手
に入れて鑑賞しました。こんな泣ける映画は少ないです。どんな作品か知らな
い人も多いと思いますので、以下の紹介ページをリンクしておきます。
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%2810%29
 セルは発売中。レンタルは2012年6月8日だそうです。
 
 『明日もがんばルンバ!でも無理しなくてもいいよ。共に生きましょう。』
 
 
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>