配信/mail (418)

Fri, 29 Jun 2012 12:45:14 JST (2331d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第418回>
★                    2012年 6月28日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「まほろ駅前多田便利軒」 '11年度作品
■監督  大森 立嗣
■出演  瑛太、松田 龍平
 
■内容
 東京郊外のまほろ駅前で多田啓介(瑛太)は、便利屋をやっていた。便利屋
という名前通り、よろず作業を請け負っていた。
 
 ある日、チワワを預かってくれという依頼があった。チワワを連れて仕事を
していた多田に、さらに同居人が現れた。彼の名は行天春彦(松田 龍平)と
いい、多田の同級生だった。多田は学生時代に行天に傷を負わせたことがあり、
その引け目から行天の居候を許した。
 
 便利屋の仕事は、バスの運行調査から戸の取り付けまで、色々なものがある。
 
 新たな依頼に子供の学習塾からの迎えがあった。その子供は生意気なガキで、
多田たちの言うことを聞こうとしなかった。ある日、その子供の不審な行動を
見た多田は、子供がやっていることに気づいた。生意気なガキだったが、徐々
に多田たちに懐いていった。ほっとけなくなった多田は子供を諭した。
 
 多田も行天も気ままな独身暮らしに見えたが、実は人なりの苦労をしていた。
 
 
■お勧めポイント
 瑛太と松田龍平の共演によるハートフルヒューマンドラマです。
 何とも言えない空気が全編を通じて流れています。淀んだ空気ではなく、さ
りとて透き通った空気でもなく、でも決して息苦しくなるものではなく、温か
さを感じる空気です。
 
 まず、時々流れる音楽フレーズがいいです。「スタンド・バイ・ミー」のイ
ントロのようなベースのフレーズです。
 
 笑えるシーンに多田と行天が軽トラに乗っているところをチンピラに襲わ
れ、フロントガラスを叩き割られる場面があります。その時、多田こと瑛太さ
んが叫ぶ言葉が笑えます。あまり書いてしまうと楽しめないので見てのお楽し
みにします。でも、ご存じない方もいるかもしれません。超有名なセリフで松
田優作さんのセリフです(汗)。横で聞いた実の息子である龍平さんのツッコ
ミが必見です。
 
 周りを飾る役者さんに、本上まなみさん、大森南朋さん、松尾スズキさん、
高良健吾さん、岸部一徳さんなどがいます。松尾スズキさんが一番面白いキャ
ラクタを演じています。大森さんのも笑えますが。
 
 瑛太さんと松田龍平さんのコンビもなかなか良いですね。最初に書きました
ように、なんとも言えない雰囲気が漂っています。生真面目な多田と、どこか
変わった行天が、息が合っていないようで名コンビです。
 
 この作品をみて同じようなコンビの作品があるなと思いました。それは「探
偵はBARにいる」という作品で、公開もほぼ同じころでした。この作品では
大泉洋さんと松田龍平さんのコンビです。ここでも龍平さんの雰囲気は独特で
す。
 
 みんなノホホンと生きているようで、実は多くの悩みを抱えているのが、こ
の作品を観て判ります。表面上は幸せそうでも、そうでもない、何か悩みを抱
えている。自分だけが不幸だと思ってはいけないと思いました。
 自分が持っているモノに感謝です。
 
 この作品に似合う飲み物はビールでしょう。コロナや青島ビールといったと
ころでしょうか。何かお気に入りのツマミがあれば最高です。
 
 
笑える度   ★★★
ファイト度  ☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★
スッキリ度  ☆☆
感動度    ★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「ナッティ・プロフェッショサー クランプ教授の場合」
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%2816%29
   BSプレミアム       6月29日(金) 13:00~
・「ごくせん THE MOVIE」
   日本テレビ系        6月29日(金) 21:00~
・「ナッティ・プロフェッショサー2 クランプ家の面々」
   BSプレミアム       6月29日(金) 24:00~
・「十一人の侍」
   BSプレミアム       7月 2日(月) 13:00~
・「ブリジット・ジョーンズの日記」
   BSプレミアム       7月 2日(月) 21:00~
・「瞼の母」
   BSプレミアム       7月 3日(火) 13:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今週の一言
 大阪近郊にお住いの方に映画情報です。今までDVD、ビデオ発売が禁止され
ていた「黒部の太陽」が布施ラインシネマで上映されます。2012年6月30日
(土)~7月6日(金)です。
 この作品は、主演の石原裕次郎さんが、「この作品のスケールの大きさは家
のテレビで見てほしくない」と言われたので、DVD化が見送られてきました。
でも映像機器の進化で、個人でも大画面で楽しめるようになってきたので、
2013年に発売が予定されています。
 
 石原裕次郎さんの言葉を借りるなら、ぜひ大スクリーンで、映画館で楽しん
でください。
 CGもない頃でしたので、撮影現場ではなく、役者さんたちが必死に逃げるド
キュメントだと、石原裕次郎さんが言われていました。
 
 「黒部の太陽」2012年6月30日(土)~7月6日(金)
 布施ラインシネマ  http://www.fuselinecinema.com/
 
 『明日もがんばルンバ!でも無理しなくてもいいよ。共に生きましょう。』
 
 
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>