配信/mail (422)

Thu, 02 Aug 2012 17:24:59 JST (2300d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第422回>
★                    2012年 8月 2日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「ハリーの災難」 '55年度作品
■監督  アルフレッド・ヒッチコック
■出演  エドマンド・グウェン、ジョン・フォーサイス
 
■内容
 田舎町バーモントで、ワイル(エドマンド・グウェン)はウサギ猟に出てい
た。ふと前をみると、見知らぬ男が倒れていた。さらに彼の額には銃痕と思わ
れる傷があった。ワイルの流れ弾は、誤ってこの男を殺してしまったのである。
 
 動揺しているワイルの所に、男の子に先導された女性がやってきた。姿を隠
し状況を見守るワイルの前で、ミセス・ロジャース(シャーリー・マクレーン)
は死体を見るなり、話しかけた。なんでも死体の彼の名前は、ハリーと言うら
しく、彼女の夫であったらしい。しかし悲しむでもなく、来た道を何事もなか
ったように帰っていった。
 
 次にワイルの元にやってきたのは、ミス・グレズリーだった。彼女は死体を
見ても動揺するでもなく、ワイルに話しかけてきた。ワイルの話を聞いて同情
したミス・グレズリーは死体のことを気にしないばかりか、ワイルをランチに
招待する約束をして帰っていった。
 
 次々と現れる人々に、ワイルは少し隠れていることにした。隠れて眠ってし
まっている間に、今度は画家のマーロウ(ジョン・フォーサイス)がやってき
て、死体の肖像画を描いていた。
 
 ワイルとマーロウは不測の事故だから悪戯に騒ぎが大きくなるのを危惧し、
死体を埋めることにした。
 
 無事に死体を埋め、ホッとした矢先、ワイルはあることに気づいてしまった。
彼が発砲した弾は、看板、空き缶、そしてウサギに当っていた。ハリーへの流
れ弾を考えると4発発砲したことになるが、ワイルは3発しか撃っていない。
となると、ハリーの額にあった傷はワイルの弾ではないことになる。それで慌
ててハリーの遺体を掘り起こすことにした。
 
 ハリーの災難は始まったばかりである。
 
 
 
■お勧めポイント
 アルフレッド・ヒッチコック監督のコメディ作品です。
 ヒッチコック監督といえば、『鳥』、『サイコ』、『フレンジー』などのスリラ
ー作品が思い出されます。この作品もサスペンスドラマという内容ですが、一
番の見所は、何度も埋められるハリーの災難を面白おかしく描いた点です。
 
 不思議な村人たちが出てきます。彼らは死体を見てもさほど驚くこともなく、
何もなかったかのように事態を収拾しようとします。唯一、保安官代理だけは、
数少ない事件で歩合制の金が手に入ると、やっきになって調査します。
 
 当のハリーですが、作品名にもあるように、本当に酷い目に合います。たと
えば、引き摺られる、何度も埋められる、靴を盗まれる、裸にされる、などで
す。遺体になってから散々な目に合うハリーは、本当に災難の連続です。
 
 特に面白いのが、ミセス・ロジャースの家で、なぜか突然開くドアです。あ
の中には何が隠されているのか?このシーンが何度かあるのですが、ヒッチコ
ック監督らしいユーモアです。
 
 さて、この作品を楽しむに当たって、夏休みの課題を差し上げます(笑)。
 
 【問題1】ヒッチコック監督はいずこに?
 ヒッチコック監督と言えば、自分の作品に監督自身が登場するのが有名です。
 この作品では、どこに登場したのでしょうか?
 ヒントは、ほんの一瞬です。しかも遠くにいるので、ヒッチコック監督の顔
を知っていてもあまり意味がありません(笑)。登場人物で一番短く、遠くに
いて、セリフもない人です。
 
 【問題2】結局、ハリーは何回埋められることになったのでしょうか?
 こちらはノーヒントです。
 
 以上、2問が夏休みの課題です。ちゃんと考えながら観てください(爆)。
 判らないという人は、メンタルシネマクラブのサイトを見てくださいね。貴
重なヒントがあるかもしれません。http://mcc.kao-smile.net/
 
 
笑える度   ★★★★
ファイト度  ☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★★
スッキリ度  ☆☆☆
感動度    ★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「夫婦善哉」
   BSプレミアム       8月 3日(金) 20:45~
・「太平洋の奇跡・フォックスと呼ばれた男」
   日本テレビ系        8月 3日(金) 21:00~
・「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」
   BSプレミアム       8月 4日(土) 19:30~
・「父と暮らせば」
   BSプレミアム       8月 7日(火) 13:00~
・「未来少年コナン劇場版」
   BSプレミアム       8月 8日(水)  9:00~
・「人間の条件 第一部 純愛編」
   BSプレミアム       8月 8日(水) 13:00~
・「釣りバカ日誌20 ファイナル」
   TBSテレビ系       8月 8日(木) 21:00~
・「銀河鉄道の夜」
   BSプレミアム       8月 9日(木)  9:30~
・「人間の条件 第二部 激怒編」
   BSプレミアム       8月 9日(木) 13:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今週の一言
 毎日暑いですね。さらに熱いのがオリンピック。でもイギリスは日本に比べ
ると涼しそうで良いです。
 開会式などで『炎のランナー』が掛ると、思い出されるのが同名の作品『炎
のランナー』です。もう一度見てみたいなと思っていたら、やってくれました。
開会式でMr.ビーンことローワン・アトキンソンさんが、この映画のパロデ
ィをしてくれました(爆)。
 開会式にローワン・アトキンソンさんが登場する辺り、さすが、BBC『モ
ンティパイソン』を連想する、乗りの良いお国柄です。
 スポーツに飽きたら、映画も観ましょうね。
 
 『明日もがんばルンバ!でも無理しなくてもいいよ。』
 
 
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>