配信/mail (423)

Thu, 09 Aug 2012 16:11:00 JST (2290d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第423回>
★                    2012年 8月 9日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「生きたい」 '99年度作品
■監督  新藤 兼人
■出演  三國 連太郎、大竹 しのぶ
 
■内容
 70歳を迎えた安吉(三國 連太郎)は、少々呆けてきた。気づかないうち
に失禁することが増え、常連のスナックでも嫌われる存在になっていた。
 
 しかし、それは内臓の病気のせいだと医者は言った。施設に入所することを
医者は薦めた。
 
 安吉には自分の老後以外に気になることがあった。それは娘の徳子(大竹 
しのぶ)のことである。他の子供たちは早々に安吉を見捨てて独立した。しか
し、徳子だけは、自分が婚期を逃したのも、うつ病になったのも、すべて安吉
のせいだと言って、安吉と同居していた。安吉が何か問題を起こすたびに、徳
子が対応に奔走していた。
 
 病院で見つけた『姥捨て山』の本を、安吉は読み始めた。それには年老いた
母親を山に捨てに行く話が綴られていた。
 
 安吉は自分の家で死にたいと思っていたが、これ以上徳子に迷惑をかけては
ならないと介護施設に入ることを決意した。
 
 
■お勧めポイント
 2012年死去された新藤兼人監督のヒューマンドラマです。
 物語は、現代の高齢化問題と、姥捨て山の伝説の話が交互に進んでいきます。
 現代はカラーで、伝説部分はモノクロで表わされていますので、話を混同す
ることはありません。でもいきなりカラーに変わったりすると、これは何なん
だろうと、自分はボケたかと(笑)、驚くこともありました。
 
 主演は三國連太郎さんです。この人の老人ぶりは、どこにでもいそうな感じ
で、親近感があります。自分の親に置き換えてついつい考えてしまいます。
 
 娘役の大竹しのぶさんですが、この人、こういう人物をやらせたら、本当に
うまいですね。『ふくろう』や『黒い家』でも、すごい役者だと思いましたが、
この作品でも大竹しのぶさんの好演が光っています。
 躁、鬱の状態の違いを見事に演じ分けているので、とても参考になります。
 
 もう一つの物語である『姥捨て山』の伝説ですが、こちらは見ていて本当に
悲しくなります。特に感動したのが、姥捨て山に母親を背負っていった息子が、
夕闇で帰り道が判らないと言うシーンです。その時、母親は要所になる木の枝
を折ったと息子に告げます。最後まで子供のことを思っている親の気持ちがヒ
シヒシと伝わってきます。涙無くして見られないシーンです。
 
 さて、この作品、最後はどうなるのでしょうか?ここでも大竹しのぶさんの
演技が光っています。また、親子の情がよく判って涙が出てきます。結末は、
ご自分で観て感じ取ってください。
 
 テーマからすると、とても暗い物語と思われるかもしれません。でも、なる
ほどと感心したり、思わず笑ってしまったり、とても見やすい作品です。つい
つい引き込まれて、この先どうなるのだろうかと見守ってしまいます。そして
感動する良い話でもあります。
 
 大森南朋さんの大学生役も必見です。
 
 
笑える度   ★★★
ファイト度  ☆☆☆
ほのぼの度  ★★
スッキリ度  ☆
感動度    ★★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「銀河鉄道の夜」
   BSプレミアム       8月 9日(木)  9:30~
・「人間の条件 第二部 激怒編」
   BSプレミアム       8月 9日(木) 13:00~
・「チャーリーとチョコレート工場」
   日本テレビ系        8月10日(金) 21:00~
・「劇場版フランダースの犬」
   BSプレミアム       8月13日(月)  9:30~
・「アルプスの少女ハイジ アルムの山」
   BSプレミアム       8月14日(火)  9:00~
・「トラ・トラ・トラ」
   テレビ東京系        8月14日(火) 13:25~
・「アルプスの少女ハイジ ハイジとクララ」
   BSプレミアム       8月15日(水)  9:00~
・「MARCO 母をたずねて三千里」
   BSプレミアム       8月16日(木)  9:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今週の一言
 オリンピック、メダルラッシュが続いて、ついつい深夜まで見てしまいます。
でももう少しで終わりです。これで寝不足からも解放されます。しかし終わる
と寂しいなと思っていたところに、高校野球が始まりました(汗)。
 オリンピックから徐々に高校野球へとシフトしていく私でした(笑)。
 
 『明日もがんばルンバ!でも無理しなくてもいいよ。』
 
 
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>