配信/mail (426)

Thu, 20 Sep 2012 22:28:56 JST (2248d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第426回>
★                    2012年 9月20日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「大いなる旅路」 '60年度作品
■監督  関川 秀雄
■出演  三國 連太郎、高倉 健
 
■内容
 大正時代の盛岡でのお話しです。
 盛岡で国鉄の機関士助手である岩見浩造(三國 連太郎)は、教習所の試験
に落ちて荒れていた。
 
 ひょんなことから漁師の娘と結婚したが、仕事にも身が入らず、なじみの料
理屋に入りびたりの有様だった。
 
 ある日、雪崩による列車転覆事故が発生した。その事故で先輩機関士は亡く
なってしまった。生き残った岩見は、自分の仕事は他人の命を預かる重要な仕
事だと気づき、仕事に精を出すようになった。
 
 やがて岩見は三人の息子と一人の娘を授かった。岩見は事故以来、人が変わ
ったように働き、一家は幸せの中にいた。
 
 子供たちが大きくなると、一家に変化が起こった。
 長男の忠夫は徴兵に召集され、次男の静夫(高倉 健)は岩見が合格できな
かった教習所に合格し、東京へと出て行った。三男の孝夫は予科練を志願した。
長女の咲子は悪い男に騙されて父親が止めるのも聞かずに駆け落ちした。
 
 機関車から列車へと車両が移り変わった時代、岩見夫婦も大いなる旅路をつ
き進んでいた。
 
 
■お勧めポイント
 鉄道マンの生涯を描いたヒューマンドラマです。
 主演は三國連太郎さんです。その妻役には風見章子さんです。二人とも若い
時から年老いた姿までを見事に演じられています。
 若いと言えば、高倉健さんや中村嘉津雄さんなども三國連太郎さんの息子役
で若かりし姿を見ることができます。
 
 『大いなる旅路』という題名を聞くと、大昔にテレビ放映していた同名のド
ラマを思い出します。鉄道100年記念で毎週日曜日に観ていたのを覚えてい
ます。中でも大原麗子さんが登場する物語が良かったです。小椋佳さんの主題
歌(これも『大いなる旅路』)も良かったです。
 
 本作でも時代の流れと共に鉄道にまつわる色々なエピソードが紹介されま
す。時代背景には戦中、戦後が強く反映されています。強く生き抜く人々の姿
が岩見一家を通して描かれています。
 
 いつの時代も子供たちの行く末を心配するのが親です。この作品では波乱の
時代でもありますが、子供たちに幾多の試練が訪れます。良い時もあれば、悪
い時もある。それを噛みしめて耐える岩見夫婦の姿に涙が出ます。中でも追い
出した一人娘が元気に暮らしているのを知ると、彼女の家に行き、真っ先に旦
那さんの仕事場を見たいというシーンが親心をよく表しています。
 
 この作品の制作は1960年です。鉄道ファンである鉄男、鉄子には涎が出
てしまうSLがたくさん登場します。しかも実際に走っています。その中でも
雪崩による転覆事故シーンは迫力があります。FXでない本物を使ったシーン
ですから、それは必見の大スペクタルです。
 
 私は鉄男ではありません。でも小さい頃はここに出てくる機関車に乗ってい
たそうです。D51やC62など有名な機関車です。最近気になったのが、頭
の“D”、“C”ってどういう意味だろうということです。知り合いの鉄男(笑)
に聞いたところ、動輪の数で片側に3輪あるのが“C”で4輪あるのが“D”
という意味だそうです。
 
 激動の昭和を感じさせる作品です。必死に生き抜く人々の姿を、どうかこの
作品をご覧になって、じっくりと味わってください。
 
 
笑える度   ★
ファイト度  ☆☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★
スッキリ度  ☆☆☆☆
感動度    ★★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「家族」
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28284%29
   BSプレミアム       9月21日(金) 13:00~
・「狼よ落日を斬れ」
   BSプレミアム       9月23日(日) 14:00~
・「岳-ガク-」
   テレビ朝日系        9月23日(日) 21:30~
・「ココ・アヴァン・シャネル」
   BSプレミアム       9月24日(月) 21:00~
・「赤と黒 第一幕」
   BSプレミアム       9月25日(火)  0:45~
・「死刑台のエレベーター」
   BSプレミアム       9月25日(火) 13:00~
・「東京キッド」
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28299%29
   BSプレミアム       9月25日(火) 21:02~
・「赤と黒 第二幕」
   BSプレミアム       9月26日(水)  0:45~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今週の一言
 先日、ラジオのCMを聞いて大笑いしました。聞く人が違えば、これは放
送事故とも思える大胆なCMでした。
 
 「これを使えば、ツルツルのピカピカになります。毛根から根こそぎ取り
ます。その後はウブ毛しか生えてこないのです」
 
 これは高周波脱毛のCMだったのですが、薄毛に悩んでいる人が聞くと、
涙が出てしまうぐらい悲惨なものに感じます。
 物事、誤解すると、とんでもないことになるのだと理解しました(笑)。
 私は大笑いするぐらいですから、無関係だと思われましたか?
 いいえ、居直りというやつです(爆)。
 
 『明日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>