配信/mail (429)

Thu, 11 Oct 2012 19:53:55 JST (2227d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第429回>
★                    2012年 10月11日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「ツレがうつになりまして。」 '11年度作品
■監督  佐々部 清
■出演  宮崎 あおい、堺 雅人
 
■内容
 ハルさん(宮崎 あおい)は、結婚して5年が経った。ハルさんは、旦那
をツレ(堺 雅人)と呼んだ。二人はマンガの勉強で知り合った。ハルさん
の描くマンガを、唯一褒めてくれたのがツレだった。それが縁で結婚した。
 
 そのツレは生真面目な男で、お弁当の用意からネクタイ選びまで、曜日で
選択するほどきっちりした生活をした。会社ではソフト製品のサポートに従
事し、「出来無いさん」と呼ばれる誰もが嫌がるクレーマにも対応していた。
 
 ある朝ツレが、弁当を作れないと言い出した。驚いたハルさんは、ツレに
病院へ行くように薦めた。診断結果は、鬱であった。
 
 ハルさんや周りの人には、鬱の知識がなかった。色々考えたハルさんの結
論は、退職を薦めることだった。退職しなければ離婚するとまで言うハルさ
んに、ツレは退職を決意した。
 
 退職したツレの病状は、一喜一憂の連続であった。そうこうしているうち
に、ツレの失業保険は切れた。
 ハルさんも売れないマンガ家であり、生活は圧迫していった。
 このままではいけないと感じたハルさんは、出版社の編集担当に叫んだ。
 「ツレがうつになりまして、仕事を下さい!」
 
 
■お勧めポイント
 漫画家の細川貂々さんが、夫の闘病生活を描いた同名作品を映画化したもの
です。
 最近ウツについては世界的な社会問題になっています。だいぶこの病気に関
する認知が進んで、周りの理解も得られるようになりました。
 でもまだまだ正しく認識している人は少ないのが現状です。逆に情報だけが
氾濫して、一辺倒な対応では当事者を苦しめることもあります。
 
 私もウツになりました。それだけにこの作品は他人事ではありません。この
作品のツレのような姿を、私もしてました。だからこそ、このメルマガを始め
ました。一人でも多くの人に元気を出してもらいたいと願い、続けています。
 
 ウツが難しいのは、一辺倒な対応ではいけないところです。その人の状態、
時期、性格に合わせた対応が必要です。
 
 この作品は、ツレやハルさんの日記を元にして出来ています。本人の苦しみ
をしっかりと描かれてあります。周りから見ると異常にしか思えない行動も、
本人は真剣なのです。
 
 ゆっくりとこの作品をご覧になられて、肌で感じてください。臨機応変な行
動が必要です。だから雰囲気を感じ取れるようにしてください。
 
 この作品では治療法が3種類あると紹介されています。
 1.薬による薬物療法
 2.心を改善する心理療法
 3.環境を改善する環境調整
 
 私が思う一番良い方法は、自分を内面から変える心理療法だと思います。こ
の病気は他人からは非常に判りづらいものです。お医者さんであっても難しい
ものです。どうすれば良いのかは、本人が一番良く知っています。ただそれを
実行する勇気が湧かない、きっかけがない、だけです。判っていても実行でき
ない歯がゆさを本人は感じています。
 それを支えてあげられるのは、周りの人です。あせることなく、本人がやろ
うとしていることを見守ってあげてください。決して本人は一人ではないこと
を感じさせてあげるのが、大切なことです。
 
 「鬱」は「宇宙風邪」とこの作品で紹介されています。誰でも掛ってしまう
ことがあります。この風邪はクスリであっという間に治るものではなく、長い
時間を掛けて直さないといけないのが大変なところです。
 
 この作品で「あ・と・で」という魔法の呪文が紹介されています。
 あ:あせらない
 と:特別扱いしない
 で:出来ることと出来ないことを見分ける
 
 主演は、宮崎あおいさんと堺 雅人さんです。
 本当に仲の良い夫婦を演じられています。それでも相手を追い詰めてしまう
ことがあるのがよく判ります。
 特に、ハルさんが健気に愛情を振りまく姿には涙が出ます。こんな良い奥さ
んがいれば、元気が出ないのはおかしいです。うらやましいです。
 
 どうぞこの作品をご覧になられて、いろいろと考えてみてくださいね。熱い
日本茶か、温めの紅茶、ハーブ茶なんかが似合いそうです。
 
 
笑える度   ★★★
ファイト度  ☆☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★
スッキリ度  ☆☆☆☆
感動度    ★★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「ミセス・ダウト」
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28112%29
   BSプレミアム      10月17日(水) 13:00~
・「チーム・バチスタの栄光」
   TBSテレビ系      10月17日(水) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今週の一言
 ウツの人に、「がんばれ」と言ってはいけないとよく言われます。一生懸命
がんばっているのに、これ以上どうしろと言うんだ、というのが言い分です。
 
 わたしが毎回書いている「がんばルンバ」という言葉について、よくご指摘
を受けます。でも私は対岸にいる人ではありません。対岸から叫んでいる人で
はありません。同じ岸にいる人です。同じ側の道を彷徨っている人です。だか
ら共にがんばって欲しいという思いから、横から囁き続けているのです。
 
 私は完治したわけではありません。宇宙風邪ですから、いつ患うかも判りま
せん。でも自分との付き合い方が判ってきたので、それなりに注意して生きて
います。
 みなさんも宇宙風邪には気をつけてくださいね。
 
 『今日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>