配信/mail (430)

Fri, 19 Oct 2012 17:31:09 JST (2219d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第430回>
★                    2012年 10月18日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「くだらないロマンス」 '10年度作品
■監督  キム・ジョンフン
■出演  チェ・ガンヒ、イ・ソンギュン
 
■内容
 マンガ家のジョン・ベ(チェ・ガンヒ)は、またも出版社からダメ出しさ
れた。3年を掛けた自信作は、悲しいかなメモ代わりに使われていた。
 
 そんなジョン・ベに吉報が届いた。マンガの国際コンクールがあり、優秀
賞は10万ドルと四か国で出版、その印税30%がもらえるというものだ。
 
 さっそく着手しようとしたが、友人から今までの失敗の理由に、ストーリ
ーがよくないと指摘された。そこでストーリー作家をパートナーに募集した。
 
 いろいろな人が応募した中、ハン・ダリム(イ・ソンギュン)と手を組む
ことにした。ハン・ダリムも売れない文書を書いていた。
 
 コンクールの対象は成人向け作品であった。ところがハン・ダリムは男性
経験が乏しく、仕事で書く文章は、もっぱら雑誌の特集を参考にしていた。
でもそれを隠して見栄を張っていた。
 
 時には親密に、時には怒鳴り合いながら、作品は完成に近づいていた。と
ころがあとわずかの所で、二人に大きな亀裂が入った。
 
 コンクール応募作「キラーの本能」は完成するのか、優秀賞を受賞できる
のか?
 
 
■お勧めポイント
 韓国からのロマンスコメディ作品です。
 韓国の売れない漫画家が主人公です。日本の売れない漫画家とあまり代わり
映えのない生活ぶりです。でも住んでいる家は豪華で、本当にこの人、売れて
ないの?と疑ってしまいます(笑)。
 この作品のキーワードにもなりますが、主人公の亡き父親が画家だったこと
が影響するのでしょうか?
 
 イ・ソンギュンさんは風間徹さんに似た男前です(例えが判らない人、ごめ
んなさい。最近なら瑛太さんでしょうか?;汗)。
 そしてイ・ソンギュンさんは、ハムスタに似たクリクリした丸い瞳が愛らし
いです。
 
 この作品で驚くところに、突如アニメーションやCGに変わるシーンです。
このアニメがなかなか良いのです。2.5次元で表現されるアニメとかシーンに
よって作風が変わります。ストーリーがどうのとかではありませんが、もう少
し見てみたいと思わせるアメリカン風のアニメです。
 
 二人は恋に落ちます。が、そのきっかけはちょっとした誤解、いえ自意識過
剰からです(笑)。この辺りから、イ・ソンギュンさんの演技が光ってきます。
とぼけた感じのお色気を振りまくのですが、これが20年物の天然で、笑って
しまいます。
 
 随所に笑えるシーンがあります。テーマが成人マンガですから、ちょっと下
ネタのところもあり、つっこみ所が満載です。
 
 全編コメディかと思いきや、ラストが違います。二人が出会ってすぐから、
口ゲンカが絶えないのです。でも肝心なところはナイーブな二人です。こんな
風に、心にあることをすべて吐き出せる場が、実際にも必要なのでしょうね。
この場面、泣けます。そしてちょっと笑ってしまいます。ガラスの向こうに写
っている人たちをよく見てくださいね。拍手して歓声を上げている人がいれば、
怒鳴って暴れている人がいます。人生の縮図です。雨降って地固まるです。
 
 この作品を観て、「ゲーテの恋」を思い出しました。どこか似たところがあ
る作品です。
 
 この作品を観ながら飲むものは、スプリッツアが似合いそうです。さわやか
な喉越しに甘い味がします。
 秋深し、隣は恋をする人ぞ。
 恋の秋も十分に楽しんでくださいね。
 
笑える度   ★★★★
ファイト度  ☆☆☆
ほのぼの度  ★★★
スッキリ度  ☆☆
感動度    ★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「博士の異常な愛情」
   BSプレミアム      10月19日(金) 13:00~
・「下妻物語」
   BSプレミアム      10月19日(金) 23:45~
・「踊る大捜査線 THE MOVIE」
   フジテレビ系       10月20日(土) 21:00~
・「ALWAYS 三丁目の夕日」
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28415%29
   BSプレミアム      10月22日(月) 20:00~
・「恐怖の報酬」
   BSプレミアム      10月23日(火) 13:00~
・「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
   BSプレミアム      10月23日(火) 20:00~
・「旅情」
   BSプレミアム      10月24日(水)  1:15~
・「バロン」
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28264%29
   BSプレミアム      10月24日(水) 13:00~
・「パリの恋人」
   BSプレミアム      10月25日(木) 13:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今週の一言
 秋が深くなってきました。最近読む本にマンガがあります。
 今一番のお気に入りが尾瀬あきらさんの作品です。
 
 尾瀬あきらさんと言えば、「夏子の酒」が一番有名だと思います。この作品
も読みましたが、最近一番よかったのは「みのり伝説」です。
 
 尾瀬さんの作品には「夏子の酒」のようにたくましく生きる女性がよく出て
きます。「みのり伝説」も、出版社を辞めたコピーライターがフリーのエッセ
イストとして歩んでいく姿を描いています。
 この作品は1995年作品なので、もはや新本で手に入れることはできません。
ネットや古本屋で探せば、安く手に入ると思います。その価格で十分過ぎるお
つりがくる作品です。
 
 もう一つ気に入ったのが「光の島」です。過疎化が進んで子供が減少した沖
縄の離島が舞台です。島の小学校が廃校直前、一人の子供、光くんが、東京か
らやって来て、島に活気が溢れていく内容です。こちらも新本で手に入れるの
は難しいと思います。
 
 映画にしても本にしても、勇気や感動を与えてくれる素敵な文化に、手軽に
触れ合える環境にいることを感謝しなければなりません。
 
 
 『今日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>