配信/mail (432)

Thu, 01 Nov 2012 21:13:32 JST (2206d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第432回>
★                    2012年 11月 1日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「森崎書店の日々」 '10年度作品
■監督  日向 朝子
■出演  菊池 亜希子、内藤 剛志
 
■内容
 貴子(菊池 亜希子)は、上京し会社勤めをしていた。1年半付き合った
彼には別の女性がいて、その女性と結婚すると聞かされた。落胆した貴子は、
退職を決意した。
 
 落ち込んでいる貴子を気にした実家の母親は、弟のサトル(内藤 剛志)
に相談した。サトルも東京にいて、神田で古本屋を営んでいるのだった。
 
 本屋を手伝う代わりに2階に住まわせてもらうことになった。サトル自身
は別に家があるので、営業が終われば帰ってしまう。手伝えば、何よりも家
賃や光熱費が要らないのが魅力だった。
 
 店番をしていると、いろいろな客がやってきた。3坪ばかりの小さな店に、
客が突然現れたかと思えば、無言無表情で去っていく。
 
 買わずに出ていく人も多いが、たまには100円程度の安い本が売れる。
おまけに、常連の客は毎日のように来るが、ほとんど話相手だけという状況
だった。
 
 仕事に追われる暮らしをしていた貴子だったが、ゆったりとした時間の中
で過ごすようになった。
 
 本と縁のない暮らしだった貴子が、徐々に本に魅了されていった。そして
神田街とも馴染んでいった。それとともに、心の傷も癒えていった。
 
 そんなある日、街で元の彼氏を目撃した。
 
 
■お勧めポイント
 ゆったりとした時間の流れを感じさせる作品です。
 本に興味をもって、何か読んでみたい気分になる作品です。たまには古本
屋めぐりでもしようかな、と思わせる作品です。
 
 古本屋の2階で寝食をとる貴子ですが、周りにはたくさんの本が積み上げら
れています。たまたま興味をもった本を読みだしたら、暇なこともあって、読
破してしまいました。それから次々に本にふれ、寝る間も惜しんで家中の本を
読みだします。
 
 古本のかび臭い匂いにむせる貴子でした。本と親しんでいるうちに、この匂
いがたまらなく好きになり、アロマのような存在になります。
 
 古本って、先に読んだ人の跡が残っていることがあります。線がひかれてい
たり、書き込みがあったりします。前に読んだ人に共感したり、その人がどん
な人だろうかと想像したりと楽しみが広がります。
 
 神田の古本屋街の出店作業や古本屋に出入りする風変りな人々など、そして
個性的な本屋が並んでいるのを、神田に行かなくても見ることができます。ま
た、入札や神田古本まつりと、神田でないと実際には見られないシーンもあっ
て楽しめます。
 森崎書店で本を買ったときの手続きなども見ていて楽しいですね。
 
 サトルさんのような叔父がいれば、傷ついた心も癒されると思います。また、
近所にある店も落ち着きがあって、ゆっくり読書や何もせずにボーっとしてい
たくなります。こういう喫茶店を隠れ家のようにキープしておきたいものです。
 
 この作品はゆっくりとした時間の流れを感じるのと、好きなことを仕事に出
来る喜びを教えてくれる作品です。
 
 主人公の貴子は失意に落ちこんでいましたが、この街と本、本に関わる人々
に出会って、新しい人生に旅立ち決意をします。
 
 実はサトルも、自分の生きる道が判らなくなって、人生に迷った時期があっ
たのです。だからこそ、貴子の気持ちがよく判ったのです。サトルが自分の話
をするシーンは、とても良いです。この役の内藤剛志さんがぴったりです。
 
 私も自分に合った街を探して、その街にどっぷり浸かりながら暮らしてみた
くなりました。
 
 ぜひ、この週末はこの作品をご覧ください。この作品は美味しいブレンドコ
ーヒーが似合います。熱い一杯を、香りを楽しみながら、ゆったりとご覧くだ
さいね。
 
 
笑える度   ★★
ファイト度  ☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★
スッキリ度  ☆☆☆
感動度    ★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「勝利への脱出」
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28310%29
   BSプレミアム      11月 2日(金) 13:00~
・「交渉人 真下正義」
   フジテレビ系       11月 3日(土) 21:00~
・「転校生」
   BSプレミアム      11月 5日(月) 13:00~
・「サラリーマンNEO劇場版」
   BSプレミアム      11月 5日(月) 21:00~
・「独立愚連隊」
   BSプレミアム      11月 6日(火) 13:02~
・「好人好日」
   BSプレミアム      11月 7日(水) 13:02~
・「台風騒動記」
   BSプレミアム      11月 8日(木) 13:02~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今週の一言
 今週紹介した作品は古本がテーマでした。同じような作品で、こちらは本好
きの女の子が、毎回読んだ本の感想を聞かせてくれる漫画があります。
 「草子のブックガイド」というモーニングに連載(毎週ではありません)さ
れているものです。
 この漫画を読むと、ついつい紹介されている本を読みたくなります。実際に
読んだのが、「夏への扉」という本です。そしてこの小説が好きになりました。
もちろん漫画であらすじは知っていましたが、実際に文字で読んでみると、主
人公の世界へ引き込まれていきました。
 興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。先週は「月と六ペンス」が紹
介されていて、題名は知っているけど、読みたいなと思いました。
 
 『今日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>