配信/mail (434)

Thu, 15 Nov 2012 21:30:52 JST (2195d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第434回>
★                    2012年 11月15日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「パピヨン」 '73年度作品
■監督  フランクリン・J・シャフナー
■出演  スティーヴ・マックィーン、ダスティン・ホフマン
 
■内容
 フランス領ギアナに終身刑たちが送り込まれた。その中には、人殺しのパ
ピヨン(スティーヴ・マックィーン)や国債を偽造したドガ(ダスティン・
ホフマン)がいた。
 
 ドガの犯罪は有名で、多額の金を隠していると噂された。囚人になった今
でも、ドガの体内には多くの紙幣が隠されていると思われた。
 
 ドガの金を盗もうとする囚人は後を絶たなかった。刑務所では現物だけが
力をもっていた。金さえあれば、刑務官でさえ、自分の意のままに動かすこ
とが可能だ。
 
 身の危険を感じたドガは、頑強そうなパピヨンに自分の警護を依頼した。
代わりにパピヨンが望むものを与える約束だった。
 
 パピヨンが望んだものは、脱走に必要なものだった。パピヨンは無実だっ
たが、罠に嵌められて終身刑にされたのだ。犯人は、胸に蝶の入れ墨、つま
り、パピヨンがあった。それが彼にもあるというだけで犯人にされたのだっ
た。無実を証明するのは不可能だった。だがパピヨンは、ただ自由が欲しい
ためだけに脱走を考えていた。
 
 脱走をしたパピヨンは、脱走の手助けをした仲間に裏切られ、独房に入れ
られた。そこは過酷な部屋である。運悪くドガからの差し入れを抑えられ、
ドガの名前を白状しなければ、さらに過酷な待遇がパピヨンを待ち受けてい
た。それは死を宣告する過酷な罰則であった。誰もがドガの名前を白状する
と思われたが、パピヨンは必死に耐えた。
 
 
■お勧めポイント
 人間の生への執念にも思えるたくましい姿を描いたヒューマン・ドラマです。
 これは実話を元にして本人が書いた超ベストセラーの映画化です。
 
 パピヨンの人生は牢獄と脱走の連続です。過酷な日々が彼を待ち受けていま
す。それ以上に驚くのが、パピヨンが出会う人々は、彼を助ける人、彼を騙す
人がいることです。社会的地位など関係なく騙す人は騙すし、何の見返りもな
いのに親切にしてくれる人がいます。これはパピヨンが置かれている世界が特
殊だからではなく、私たちが生きている社会でも言えることだと思います。
 
驚くことに、騙されたパピヨンはそれを後悔する様子もなく、次に如何するか
を考える発想です。これだけポジティブでなければ、彼の周りの人のように死
が待ち受けているのでしょう。
 
 一番凄いのが、仲間の名前を言わなければ死ぬだろう環境でも、仲間を守る
シーンです。このシーンでのスティーヴ・マックィーンの演技も凄まじいです。
やせ細り、目だけがギョロギョロと動き、本当に骸骨のように思えます。人間
のたくましさを体当たりで表現されています。
 
 脱走を繰り返すパピヨンに刑務官は足に傷を負わせます。その後のパピヨン
の歩き方は、足の損傷がよく判る独特のものです。この演技も素晴らしいです。
 
 パピヨンと共に終身刑になったドガ役が、ダスティン・ホフマンです。こち
らもスティーヴ・マックィーンと同じく名優です。彼は、繊細な、ちょっと癖
のある男を演じさせたら、彼の右にでる人はいないでしょう。
 パピヨンとの別れのシーン、しっかり抱き合う男同士の友情に、涙が出来ま
す。そのあと、脱走するパピヨンの姿を眺めるダスティン・ホフマンの姿も印
象に残ります。
 
 パピヨンで有名なものに音楽があります。主題曲は誰もが一度は聞いたこと
があると思います。哀愁漂う旋律に、この曲を聴くだけで涙が出てきます。
 音楽はジェリー・ゴールドスミスです。オーメンや13ウォーリアーズなど
彼が関わった作品は数多くあります。中でも私が一番好きなのは、「ルディ/
涙のウイニング・ラン」です。ルディのテーマなどは、スポーツ番組などでよ
く使われています。こちらも誰もが一度は聞いたことがある曲です。「パピヨ
ン」のテーマは、作品中にはあまり流れませんが、DVDでご覧の場合は、メ
ニュー画面で流れています。
 
 この作品で一番胸に響いたシーンは、パピヨンの幻想世界です。無実を叫ぶ
パピヨンに神が言い放ちます。『おまえの本当の罪は、人生を無駄にした事
だ。』そういわれると、自分も有罪なのかなと思ってしまいました。
 
 パピヨンは実話だと書きましたが、後日談があります。脱走したパピヨンは、
祖国フランスに帰ることを熱望しました。ベストセラーになったこともあり、
長い年月が過ぎたこともあり、パピヨンはフランスに戻ることが許可されまし
た。本当に良かったですね。
 
 この映画に合う飲み物は、ずばり「水」です。ただの水でも喉の渇きを満足
するまで飲めるだけで幸せな気持ちになれることでしょう。また、腹一杯食べ
られるだけで、これ以上の至福はないとも感じます。
 
 この作品ですが、テレビで放映(下を参照)されます。テレビで観られない
人はレンタルして、ぜひ、ご覧ください。
 
 
笑える度   ★
ファイト度  ☆☆☆☆☆
ほのぼの度  ★
スッキリ度  ☆☆☆
感動度    ★★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「サウンド・オブ・ミュージック」
   BSプレミアム      11月16日(金) 13:00~
・「セカンドバージン」
   BSプレミアム      11月16日(金) 23:45~
・「恋空」
   BSプレミアム      11月17日(土) 15:30~
・「マトリックス」
   BSプレミアム      11月17日(土) 19:30~
・「ウォーターボーイズ」
   BSプレミアム      11月18日(日) 14:02~
・「レッドクリフ 特別版」
   BSプレミアム      11月18日(日) 20:58~
・「パピヨン」
   BSプレミアム      11月19日(月) 13:00~
・「栄光のル・マン」
   BSプレミアム      11月20日(火) 13:00~
・「ネバーエンディング・ストーリー」
   BSプレミアム      11月21日(水) 13:00~
・「シラノ・ド・ベルジュラック」
   BSプレミアム      11月22日(木) 13:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今週の一言
 今一番聞いている曲は、奥華子さんの「笑って笑って」です。
 タイトルのように、曲の後半に「笑って」というフレーズが繰り返されます。
ここを聞きながら、自分はもっと笑わないといけないと、一人笑顔になります。
 この曲って、映画の挿入歌にもぴったりのシンプルな曲です。奥華子さんの
透き通った声がなんとも言えず哀愁を感じます。
 先日「My Letters」というベストアルバムがリリースされています。
 
 
 『今日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>