配信/mail (439)

Thu, 20 Dec 2012 20:20:47 JST (2156d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第439回>
★                    2012年 12月20日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「飛ぶ教室」 ‘03年度作品
■監督  トミー・ヴィガント
■出演  ウルリッヒ・ノエテン、セバスチャン・コッホ
     アーニャ・クリング
 
■内容
 聖トーマス学校に一人の転校生がやってきた。転校生の名前はカトリン(ア
ーニャ・クリング)と言い、問題児として6回退学させられていた。
 
 聖トーマス学校は、合唱団が有名で毎年クリスマスにテレビ放映されるほ
どだった。カトリンが転校してきたのは、正にクリスマス間近な時だった。
 
 寄宿寮の仲間は、マッシ、ウリー、クロイツカム、マルティンであった。
彼らはカトリンを温かく迎えた。
 
 カトリンが空港で拾った子犬は、寮では飼えないので、隠れ家に連れて行
くことにした。その隠れ家にボブ(セバスチャン・コッホ)という男がやっ
てきた。隠れ家は、ボブの所有物であるのが判った。ボブは、彼らが聖トー
マスの学生であるのを知ると、彼らに隠れ家を使うことを許可した。
 
 聖トーマス学校ではクリスマス恒例の劇をしていた。今年の出し物は、隠
れ家で見つけた「飛ぶ教室」という脚本に子供たちは決めた。カトリンはそ
の脚本を元に自分たちの「飛ぶ教室」を創作した。
 
 ところが、練習風景を見学したベク先生(ウルリッヒ・ノエテン)は、劇
の中止を言い渡した。いつもは温厚な態度だけに、何が気に障ったのか。
 人一倍やる気を見せていたカトリンは、劇の中止に激怒した。
 
 
■お勧めポイント
 ドイツの作家エーリッヒ・ケストナーさんのベストセラーを、現代的にアレ
ンジした作品です。
 
 多くの子供たちが登場します。その子供たちは、いろんなことを考えていま
す。また、いろんなことに悩んでいます。大人から見れば、いえ、子供同士で
も、ちょっとしたことに思えても、本人は大まじめです。周りの対応によって、
彼には一生のトラウマやコンプレックスになってしまいます。
 
 この作品では問題を抱えた人が多く登場します。実際、問題を抱えていない
人は少ないでしょう。ノー天気そうな校長先生でも悩んでいることがあります。
 
 ベク先生は非常に生徒想いです。でもそれにも理由があるのです。大人は多
かれ少なかれ、教師の影響を受けています。
 
 さてこの作品の一番の見せ場は、クリスマス劇です。これは本当に楽しいで
す。実際に見られるなら、学校に出掛けたいくらいです。子供たちの表情は輝
いています。ベク先生のためにも必死になっているのも素晴らしいです。
 
 12才前後の子供たちが織り成す楽しいクリスマスの一幕をぜひご覧にな
られて、子供の頃を思い出してみてください。
 
 冒頭にエーリッヒ・ケストナーさんの言葉が紹介されています。
 『どうして大人は、子供時代のことをすっかり忘れてしまうのだろう』
 『子供というものは、時にひどく悲しく不幸になってしまう、ということを
決して忘れてほしくない』
 
 それでは、メリー・クリスマス!良い週末を!!
 
笑える度   ★★
ファイト度  ☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★
スッキリ度  ☆☆☆
感動度    ★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「武士の一分」
   BSプレミアム      12月22日(土) 19:30~
・「タイタニック」
   BSプレミアム      12月24日(月) 19:30~
・「コーチ・カーター」
   BSプレミアム      12月25日(火) 13:00~
・「おっぱいバレー」
   BSプレミアム      12月25日(火) 21:00~
・「12人の優しい日本人」
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28110%29
   BSプレミアム      12月26日(水) 20:47~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 <<<<< 宗祖親鸞聖人に出遇う入門講座(広告)>>>>>
 浄土真宗大阪教区で『まんが宗祖親鸞聖人』を使った入門講座が
 2013年春に開催されます。どなたでもご参加できます。
 開催日:第1回 2013年1月24日(木)
     第2回 2013年2月22日(金)
     第3回 2013年3月16日(土)
 時間:午後2時~午後8時30分
 場所:大阪南御堂(難波別院)
 お問い合わせ:難波別院内大阪教区教化センター
 TEL:06-4708-3278 e-mail:center@icho.gr.jp
 <<<<< 宗祖親鸞聖人に出遇う入門講座(広告)>>>>>
 
 
■今週の一言
 今週はクリスマスに関係する作品を考えました。まだご紹介していない作品
の中で、定番ともいえる「ラブ・アクチュアリー」を候補に挙げていました。
 
 ひょんなことから「飛んだ教室」の話を聞いて、これがクリスマスの出来事
であるのを知りました。DVDは持っているのですが、まだ観ていませんでした
(汗)。
 
 映画が自分に合うかは、音楽のようにサビや一章節だけでは判らないところ
に難しさがあります。最後まで観ないと判らないし、観る時の気分や年代によ
っても影響されます。
 
 「ラブ・ストーリ」という韓国作品があります。私が大好きな作品です。
 ところがこの作品を、仕事をしながら観たら、3回観ても良さが判りません
でした。
 ところが3回目に、この作品ってこういうことなの?と気づきました。それ
で集中して鑑賞すると、とても良い作品であることが判りました。おかげで今
はキャプタで早送りとしても、そのシーンだけで泣けます(笑)。もう100
回は観たと思います。
 
 長くなりましてすみません。という訳で、自分に合った映画に出会えるのは
難しいと思います。少しでもそのお役に立てればという思いで、毎回紹介して
おります。
 
 今までに配信した作品は、下からのリンクで観られます。
http://mcc.kao-smile.net/?%E9%85%8D%E4%BF%A1
 
 『今日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 ここまで読んで頂けた人に、あらためて、Merry Christmas
 
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net
 
【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>