配信/mail (455)

Thu, 02 May 2013 22:04:01 JST (2021d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第455回>
★                    2013年 4月11日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「マーガレット・サッチャー」 ‘11年度作品
■監督  フィリダ・ロイド
■出演  メリル・ストリープ
 
■内容
 マーガレット(メリル・ストリープ)は、庶民の家に生まれた。彼女の家
は食料品店を営んでいて彼女もその手伝いをしていた。
 
 マーガレットは、景気が低迷している英国を再建すべく立ち上がった。国
を変えるため政治家になろうと決意した。だが24歳の小娘の言うことを誰
も信用せず、彼女は落選した。
 
 その彼女を支えてくれたのがデニスだった。彼は小娘から主婦になれば女
性層の支持を得られると、マーガレットにプロポーズした。結婚しても主婦
に専念するつもりがなかった彼女はデニスの言葉を受け入れた。
 
 1959年、彼女は初当選した。だが議会は男中心の社会であり、マーガ
レットの支持議員は少なかった。それでも当初の目的を果たすため、彼女は
突き進んだ。徐々に彼女を支援する人が増え、英国初の女性首相になるべく
立候補した。
 
 彼女を傍で支えるデニスの姿は、結婚前と変わらず続いていた。
 
 
■お勧めポイント
 首相は孤独な立場。何を決断するにも賛同と非難が寄せられる。でも改革に
はそれらの声を無視するわけにはいかない。
 
 英国サッチャー首相の物語です。本作ではサッチャー首相の公では見ること
が出来ない、個人としての姿が細かく描かれています。そこには「鉄の女」と
呼ばれる強気な面だけではなく、女性としての弱い面が多々あります。彼女を
支え続けた夫デニスさんがすでに亡くなっているのに、その幻に悩まされてい
ます。酒におぼれ、現実と幻の区別がつかなくなっています。
 
 政治家を志した頃のマーガレットさんは、若く夢にあふれ、怖いものなど何
もないような感じだったのが、信じられないくらいに落ち込んでいきます。そ
れほど激務であり、多くの決断をしたということなのでしょう。またそのため
にデニスさんを含め多くの犠牲を払っているからでしょう。
 
 主演はメリル・ストリープさんです。本作でアカデミー主演女優賞を獲得し
ました。その時のステージでの挨拶でも、サッチャー首相のマネをされていた
のが印象に残っています。
 
 実際のサッチャー元首相ですが、つい先日お亡くなりになりました。本物の
お声を聞きますと、本当にメリル・ストリープさんの声が似せているのが判り
ます。話し方の特徴を的確にマネされています。ここまで役作りをされていた
のだと、つくづく名優の凄さに驚きます。またメーキャップも限りなくサッチ
ャー首相に似せています。
 
 何かを成す為には強い意志が必要です。それが国を変えるためであれば、そ
の苦労は如何ほどのものであるか、私には想像も出来ません。マーガレット・
サッチャーさんの強い意志が現在の英国を作ったと思います。ご冥福を心より
お祈りします。
 
 
笑える度   ★★
ファイト度  ☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★
スッキリ度  ☆☆☆
感動度    ★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「冒険者たち」
   BSプレミアム       4月12日(金) 13:00~
・「神様のくれた赤ん坊」
   BSプレミアム       4月15日(月) 13:02~
・「山桜」
   BSプレミアム       4月16日(火) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今週の一言
 「エクスカリバー」という古い映画があります。アーサー王が持つ剣の名前
がエクスカリバーで、本作はアーサー王の伝記です。この物語でアーサー王が
国を立て直すために立ち上がるシーンで使われる壮大なクラシック音楽があ
ります。CMとかでも使われることがあり、聞いたことがあるという人も多い
と思います。ではこの曲は何と言う曲なのだろうか?残念ながら私には判りま
せん。本作を映画館で観たときから思っていました。
 
 私の友人にクラシックが得意な人がいて、LINEで録音して送ったところ、
あっと言う間に答えが返ってきました。
 
 オルフの「カルミラ・ブラーナ」だそうです。
 
 古い作品なので、ネットで調べても曲名までは探すことができませんでした。
持つべきものは友ということですね(笑)。
 
 今、この曲が私のテーマソングです。がんばらないといけない時、この曲を
繰り返し聞き、モチベーションを高めて挑みます。
 
 『明日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。
 
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net
 
【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>