配信/mail (457)

Thu, 23 May 2013 21:29:07 JST (2003d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第457回>
★                    2013年 4月25日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「遥かな町へ」 ‘10年度作品
■監督  サム・ガルバルスキ
■出演  ジョナサン・ザッカイ、レオ・ルグラン
 
■内容
 トマ(ジョナサン・ザッカイ)は、パリに住む漫画家だ。その日、漫画展
に出掛けたが、その帰り道、違う列車に乗ってしまった。
 
 偶然着いた駅は、生まれ育った町だった。町を出てから数十年。賑やかだ
った町は過疎化していた。ここに来たのも何かの導きと墓参りをしていくこ
とにした。その墓には最愛の母親が眠っている。トマの父親は、彼が中学生
の時に失踪していた。なぜ家を出たのか、今どうしているのか、何も分から
ないままだった。
 
 墓前で亡き母のこと、失踪した父のこと、そんなことを考えているうちに、
めまいがしてトマは倒れた。
 
 目覚めたトマは、自分の手をみて驚いた。そこにはシワひとつない自分の
手があった。街並みも昔のように活気溢れる姿に変わっていた。鏡を見ると、
そこには若かりし頃の自分が写っていた。
 
 彼はどういうわけか、昔にタイムスリップしていた。その日は父親が失踪
する数日前だった。
 
 
■お勧めポイント
 もし昔に戻れるなら、と誰しも思うことがあります。今から思えば運命の時
に戻れるならどのように振る舞いますか?
 
 谷口ジローさんの原作をヨーロッパの国々で映画化されました。
 谷口ジローさんは日本の漫画家です。最近有名なものではTV放映された
「孤独のグルメ」があります。山岳や人間に関する物語には定評があります。
 
 私が好きな作品には、父の葬式で父親の意外な一面を聞かされる青年を描い
た「父の暦」、無呼吸器によるK2登頂を目指す登山家羽生丈二を描いた「神々
の山嶺(いただき)」があります。「父の暦」は、本作「遥かな町へ」にも通じ
る話です。自分の知らない、若い時には理解できなかった父親の姿を知る青年
の話です。
 
 この作品を観ながら、自分も両親のことをあまり知らないままだったことを
後悔しました。今となっては何も知ることができません。この作品を観られる
方も同様の思いに囚われると思います。
 
 大人になってから若い自分の暮らしを体験したら、どんな風に感じるでしょ
うか?おそらくその頃感じなかった思いが出てくるのではないでしょうか?
 
 父親はなぜ失踪したのか、当時の主人公には突然の出来事に何も分からずじ
まいでした。それをもう一度やり直せれる。今度は大人の思考と、これから起
こることを知って、その日を迎えることができる。私は主人公と一緒になって、
父親の失踪の理由を追いかけていました。それと私自身の人生も重なりあって
観ていました。
 
 谷口ジローさんの漫画は丁寧に描かれた人物から重厚な物語に感じていま
した。でもこの作品を観て、ストーリーの素晴らしさにも感動しました。ヨー
ロッパで谷口ジローさんの作品が紹介されたのをきっかけに、映画化が実現し
ました。日本の作品が海外で映画化されるのは珍しいですね。本作の物語終盤
で本人も登場します。
 
 GWには帰郷される方も多いと思います。どうぞ有意義な日々をお過ごしくだ
さい。
 
 
笑える度   ★★
ファイト度  ☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★
スッキリ度  ☆☆
感動度    ★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「キンダガートン・コップ」
   TBSテレビ系       4月24日(水) 21:00~
・「シラノ・ド・ベルジェラック」
   BSプレミアム       4月26日(金) 13:00~
・「アイアンマン」
   日本テレビ系        4月26日(金) 21:00~
・「めがね」
   BSプレミアム       4月26日(金) 23:45~
・「ロッキー」
   BSプレミアム       4月28日(日) 13:00~
・「サラリーマンNEO劇場版(笑)」
   BSプレミアム       4月30日(火) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今週の一言
 平日の映画館に行きました。「ひまわりと子犬の七日間」という作品だった
からか、高齢者がほとんどでした。もしかしたら私が一番若いかも(笑)。少
なくとも若い人ベスト3には入っていたと自負します(爆)。
 
 この映画は結構笑えます。オードリー若林さんのトボけた演技に合わせて場
内から笑い声が聞こえてきます。でもその笑い声が普段とちょっと違うと思い
ました。
 
 「あっははは」「わっははは」という声がよくありますが、この時は「うっ
ひゃひゃ」「むふふ」という声が大多数でした。笑い声でも年代が判るものな
のですね。初めて知りました。
 
 コメディ作品は一人では笑わないシーンでも、もらい笑いをしてしまうこと
がよくあります。もしかしたら人の笑い声について書きましたが、実は自分も
周りに釣られて、「イヒヒ」と笑っていたのかもしれません。
 
 GWで映画館に行く人も多いと思います。映画館では自宅でご覧になられるの
と違う楽しみもたくさんあります。ぜひ、足を運んでみてくださいね。
 
 
 『明日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。
 
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net
 
【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>