配信/mail (460)

Mon, 10 Jun 2013 10:52:26 JST (1986d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第460回>
★                    2013年 5月16日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「しゃべれども しゃべれども」 ‘07年度作品
■監督  平山 秀幸
■出演  国分 太一、香里奈
 
■内容
 三つ葉(国分 太一)は東京で二つ目の噺家だ。早く真打ちに成りてえが、
師匠の今昔亭小三文に言わせると、「まだまだ分かっちゃいねえ」そうだ。
 
 その三つ葉の所に、知り合いから「話し方教室」の話がきた。なんでも、
大阪から転校してきた小学生がクラスメイトと解け込めずにいるのをどうに
かしてえそうだ。三つ葉は話のプロだから、それぐれえ分けもねえだろうと
いうあんばいよ。
 
 さらにその話をどこからか聞きつけて、むっつりとした大男もやってきた。
この男、実はプロ野球選手なんだそうだ。現役引退してテレビ解説者になっ
たが、からっきし喋りヘタでクビになりかけているそうな。
 
 あと、三つ葉と口論したことが縁で来ることになった女がいた。この女、
結構な美人なんだが、愛想のねえ女でいつも無愛想な顔をしている。名は、
十河五月(香里奈)と言って、やっぱ自分でも無愛想なのを気になってたら
しく、参加することになった。
 
 三つ葉は話し方のプロには、ちげえねえが、まだまだ二つ目で自分の道も
開けらんねえ、そんな男に三人の迷える人たちを助けることが出来るのか、
そいつはおいらにも判んねえさ。
 
 でも気は短けえが、バカ真面目な三つ葉のことだ。彼らをなんとかしよう
と頑張ったよ。もっとも、頼まれた小学生の姉貴に、ほの字という下心があ
ったのが一番の理由なのを、おいらは知ってるさ。
 
 
■お勧めポイント
 みんな、何とかしたいと思ってる。このままじゃ、だめだから。
 落語を題材にしたハートフル・コメディ作品です。
 
 まず主演の国分太一さんですが、本当の噺家のように役を演じています。
予告編でそのシーンが流れたのですが、それだけで観たいと思いました。そ
れに粋な江戸っ子気質も板についています。元々、出身は東京でした。
 
 共演の香里奈さんは無愛想な女という役柄なので、あまり多くは話さない
ので、素の香里奈さんはどうなのかと気になりました。
 
 そして大阪からやってきた小学生ですが、彼はコテコテの大阪弁を話しま
す。森永悠希くんですが、実は彼、プロの落語家です。作品中でも桂枝雀さ
んの落語に惚れこんで「饅頭こわい」を演じます。
 
 さらに、むっつりとした大男に「孤独のグルメ」でお馴染みの松重豊さん
が登場します。中継では口下手ですが、個人的な会話なら辛口の解説が出来
るプロ野球選手を演じます。
 
 あと、色々な人が出ていますが、特筆すべき人に、落語監修として“古今
亭菊志ん”さんがいます。落語指導だけでなく、作品中にもほんのわずか登
場されています。この人の落語も無茶苦茶で大好きです。「インターネット落
語会」で何度か見ました。
 
 この作品を観たら、生の落語を聞きたくなります。私がこの作品を観た後
は、浅草演芸ホールに行きました。小さな寄席は噺家さんの声が場内の隅々
まで響き渡って、さらに観客との掛け合いも楽しめました。噺家さんって空
気が読めて、機転の利く人達だなと感心しました。
 
 この作品は、渋く熱いお茶にお煎餅が良く似合う作品です。あと「もりそ
ば」も食べたくなると思います。
 
 この作品は5月21日(火)にテレビ放映されます(「今週のお茶の間劇場」
を参照)。ぜひ、この機会にご覧ください。
 
笑える度   ★★★★
ファイト度  ☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★★
スッキリ度  ☆☆☆☆
感動度    ★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「戦争と平和 第4部」
   BSプレミアム       5月17日(金)  0:45~
・「キッド」
   BSプレミアム       5月17日(金) 13:00~
・「チャップリンの黄金狂時代」
   BSプレミアム       5月17日(金) 13:55~
・「カイジ 人生逆転ゲーム」
   日本テレビ系        5月17日(金) 21:00~
・「アイ・ラブ・トラブル」
   BSプレミアム       5月17日(金) 23:45~
・「ライアーゲーム-再生-」
   フジテレビ系        5月18日(土) 21:00~
・「マダムと女房」
   BSプレミアム       5月20日(月) 13:02~
・「ベンジェミン・バトン 数奇な人生」
   BSプレミアム       5月20日(月) 20:00~
・「しゃべれども しゃべれども」
   BSプレミアム       5月21日(火) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今日この頃
 今週の作品は、「しゃべれども しゃべれども」という落語のお話しでした。
 私が一番好きな噺家は、桂枝雀さんです。彼の全集を持っていて、時々見ま
す。枝雀さんの場合、CDよりもDVDが良いのです。それは彼のパフォーマンス
が見られるからです。大粒の汗をかき、着物の裾を乱してのお題の数々は、何
度観ても笑えます。
 
 ちなみに私の友人によると、私の顔は枝雀さんにそっくりだと言われます。
あと、竹中直人さんもよく言われます(笑)
 いずれにしても笑いの大御所ですね。それを私も目指したいと思います(大
きく出ました;爆)。
 
 『明日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。
 
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net
 
【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>