配信/mail (468)

Wed, 04 Sep 2013 14:07:51 JST (1902d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第468回>
★                    2013年 7月18日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「ビーストリー」 ‘11年度作品
■監督  ダニエル・バーンズ
■出演  バネッサ・ハジェンズ、アレックス・ペティファー
 
■内容
 カイル(アレックス・ペティファー)は学校一の美男子だ。女子生徒はみ
んな彼に恋い焦がれた。自分の人気を知っているカイルは、その美貌以上に
自惚れていた。自画自賛を平然と繰り返していた。彼の父親は人気ニュース
キャスターで、高飛車な態度は父親ゆずりなのだ。
 
 カイルは学校の環境委員長に立候補しており、彼の当選は確実と思われた。
彼の人気を考えてリンディ(バネッサ・ハジェンズ)は、会計に立候補して
いた。彼女は奨学金をもらうために当選確実な方を選んだのだ。
 
 カイルの演説をタトゥーのある不気味な女生徒が聞いていた。彼女ケンド
ラは、カイルの本質を見抜いており、環境委員長に相応しくないと断言した。
さらにリンディに譲るべきだとも言った。だがカイルはそんな助言を聞くは
ずもなく、カイルの環境委員への当選が決まった。
 
 カイルはケンドラを祝勝パーティに招待した。本当は招待したのではなく、
彼女を罵倒するために呼んだのだった。それを聞いたケンドラは、「挽回のチ
ャンスを与えたのに。己の欠点を受け入れなさい。」と言い放ち、カイルに呪
いをかけた。
 
 気分が悪くなり帰宅したカイルは、自分の姿が醜く変わったのを知った。
どこからか現れたケンドラは、1年以内に誰かに「愛してる」と言われなけ
れば、呪いは解けないと断言して去った。
 
 
■お勧めポイント
 愛してもらうには何が必要ですか?
 「美女と野獣」を現代社会に置き換えたロマンス作品です。
 
 主人公のカイルは、誰もが羨む美男子です。それは誰も否定できない事実で
すが、彼の性格はあまりにも身勝手なものです。誰もが彼をチヤホヤしていた
のが、醜い姿になった途端、彼の父親でさえも離れていきます。
 
 孤独になってから初めてリンディの良さを知ります。変わり果てたカイルの
姿に、リンディも彼に気づきませんでした。元々カイルは、リンディにちょっ
とした恋心があったのですが、彼の性格は平凡なリンディを認めませんでした。
 
 カイルを支えたのは、全盲の家庭教師、故郷に家族を残して出稼ぎにきた家
政婦でした。カイルは彼らから色々なことを教わります。今までなら彼らのこ
とを見抜きもしなかったのに、大きな変化です。
 
 リンディに気に入られようとカイルは色々なプレゼントをするシーンがあ
ります。でもいずれのプレゼントも彼女は興味を示しません。どうしたら彼女
の気を惹くことが出来たのでしょうか?男の子にとってのバイブルのような
作品です(笑)
 
 一番重要なのは相手を思いやる心でしょうか?それは恋愛だけでなく人間
関係全般に言えることでしょう。この作品で一つでも多くのことを、私も学び
たいと思いました。
 
 ラストシーンは泣けると思います。
 
 本作は某有名レンタル店のみの取り扱いです。借りられる時はご注意くださ
い。
 
 
笑える度   ★★★
ファイト度  ☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★
スッキリ度  ☆☆☆☆
感動度    ★★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「猫の恩返し」
   日本テレビ系        7月19日(金) 21:00~
・「あの日の指輪を待つきみへ」
   BSプレミアム       7月19日(金) 23:45~
・「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」
   日本テレビ系        7月20日(土) 21:00~
・「八甲田山」
   BSプレミアム       7月22日(月) 13:00~
・「ベガスの恋に勝つルール」
   BSプレミアム       7月22日(月) 21:00~
・「ワイアット・アープ」
   BSプレミアム       7月23日(火) 13:00~
・「おにいちゃんのハナビ」
   BSプレミアム       7月23日(火) 21:00~
・「2001年宇宙の旅」
   BSプレミアム       7月24日(水) 13:00~
・「ファインディング・ニモ」
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28336%29
   TBSテレビ系       7月24日(水) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今日この頃
 みなさんは、繰り返し観たい作品がありますか?
 私の場合、季節や気分、出来事、テレビ放映、友人との話などに影響されて、
ついついもう一度観てしまう作品があります。
 例年のように観てしまう作品で今回テレビ放映もされるのが「八甲田山」で
す。
 初めて観た時のショッキングな映像、流行語にもなった「天は我を見放した」
というセリフ、いずれも未だに新鮮です。あと、チョイ役で出てくる秋吉久美
子さんの可愛さが最高です。
 
 冬に青森の八甲田山を縦断訓練する兵士たちが遭難するお話しです。2つの
連隊が正対して出発し、八甲田山ですれ違おうと計画しますが、片方の連隊は
壊滅状態まで死者が出ます。もう片方は全員無事に訓練を終えます。
 
 不思議なものです。実話なのですが、同じ時に、同じ山を登っているのに、
これほどの差が出てしまうこともあるのですね。人間の運命を感じさせる作品
でもあります。リスク管理の勉強には判り易い題材です。
 
 夏に観ても、寒気を感じる作品です。私の場合はなぜか、冬にこの作品が観
たくなります(汗)
 夏に観れば良いのにと思いながら、今年の冬もきっと見ると思います(笑)
 
 『明日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。
 
-以下、いつもの説明文です。
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net
 
【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>