配信/mail (469)

Wed, 04 Sep 2013 14:08:33 JST (1897d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第469回>
★                    2013年 7月25日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「グスコーブドリの伝記」 ‘12年度作品
■監督  杉井ギサブロー
■出演  小栗 旬(声の出演)
 
■内容
 イーハトーブの森近くに住むブドリ(小栗 旬)は、両親と妹の四人で幸
せに暮らしていた。
 父親は優秀なキコリだが、冷害が続き作物を満足に収穫することが出来な
くなった。ある夜、父親はブドリたちを残して家を出てしまった。その父親
を追いかけるように母親も帰ってこなくなった。
 さらにコドリという怪しい男がやってきて、妹を連れ去った。
 
 一人ぼっちになったブドリは各地を転々とした。生きるため、色々な仕事
をしながら、彼は多くのことを学んだ。各地でも冷害は人々の暮らしに多大
な影響を与えていた。そのためブドリは、一カ所で長く暮らすことは出来な
かった。
 
 居場所を失くしたブドリは、尊敬するクーボー博士のいる大学へと導かれ
ていった。一目見てブドリの有能さに気づいたクーボー博士は、彼に仕事を
与えた。
 それは火山の研究所だった。
 
■お勧めポイント
 みんなを幸せにするために、私が出来ること。
 
 宮沢賢治さんの短編童話を、美しいアニメーションで全編描かれています。
この作品は何度か映画化されていますが、今回ご紹介している作品は、杉井
ギサブロー監督のものです。同監督作品には「銀河鉄道の夜」があります。
こちらも今回と同じくネコの体をした主人公が登場しています。
 
 宮沢賢治さんの有名な「雨ニモマケズ」が冒頭で紹介されます。この作品
の主人公は、この詩のように強い心を保って生き続けます。そしてみんなの
役に立つことを望んでいます。ラストシーンは、この主人公らしいかもしれ
ませんが、ショッキングな終わり方です。
 
 冷害が主人公を含む多くの人に影響を与えます。そのために仕事を失う人
も出て、主人公自身も路頭に迷います。それでも荒れることなく、その問題
をどうにかできないか常に考えている姿には、頭が下がります。彼の成し得
たことの一握りでも、私も実行したいと思いました。
 
 主人公のブドリの声を、俳優の小栗旬さんが担当されています。彼の落ち
着いた優しい声は、ブドリの性格を見事に感じさせてくれました。他にも有
名な人が多く、声を聞くだけで誰なのか判ってしまうほど、特徴ある声の持
ち主もいます。
 
 今、ジブリ作品の新作「風立ちぬ」が公開されています。こちらも大人向
け作品ですが、本作も大人が観て楽しむことができる娯楽作品です。
 
 夏休みになって子供たちと向き合う機会が増えた人もいると思います。ま
た自分自身を振り返って考えることもあると思います。この作品は懐かしい
思い出や希望を蘇らせてくれる作品です。
 どうぞこの週末は、ゆったりと本作で童心に返ってください。
 
 
笑える度   ★★★
ファイト度  ☆☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★★
スッキリ度  ☆☆☆☆
感動度    ★★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「扉をたたく人」
   BSプレミアム       7月26日(金) 13:00~
・「るろうに剣心」
   日本テレビ系        7月26日(金) 21:00~
・「僕の彼女を紹介します」
   BSプレミアム       7月26日(金) 23:45~
・「アポロ13」
   BSプレミアム       7月27日(土) 19:30~
・「いけちゃんとぼく」
   BSプレミアム       7月29日(月) 13:00~
・「キューティ・ブロンド」
   BSプレミアム       7月29日(月) 21:00~
・「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」
   BSプレミアム       7月30日(火) 21:00~
・「幻影師アイゼンハイム」
   BSプレミアム       7月31日(水) 13:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今日この頃
 先日「風立ちぬ」を観てきました。最近のジブリ作品は、大人向け作品が多
いですね。この作品などは完全に大人の哀愁が一杯です。
 
 主人公は航空機の設計技師です。昭和初期のお話ですから、計算に使うのは
計算尺です。この計算尺が何度か登場します。
 私も学生の時、この計算尺を教えられたことがあります。すぐに電子式卓上
計算機(通称:電卓)の登場によって、本格的に計算尺を使う必要はなくなり
ました。
 今考えても計算尺は不思議です。2つの尺を組み合わせることで計算が出来
てしまうなんて、どういう理論なのか想像もつきません。
 そういえば「電卓の2220」というのをご存じですか?この言葉で検索す
れば、どういうことか紹介しているサイト、本を知ることができます。これも
マカ不思議です。
 
 「風立ちぬ」に話を戻します。
 「風立ちぬ」のラストは涙が出ます。その余韻の中流れる荒井由実さんの「ひ
こうき雲」がピッタリで、ずっと聞いていたくなります。
 都合がつけば、ぜひ大切な人とご覧くださいね。
 
 『明日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。
 
-以下、いつもの説明文です。
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net
 
【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>