配信/mail (47)

Sun, 15 Apr 2012 21:10:40 JST (2409d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルビデオクラブ(Mental Video Club)
☆  <第48回>
★                    2000年 10月26日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://homepage1.nifty.com/kazu_m
☆ E-Mail:mvc@mba.nifty.ne.jp
★ 発行者:KAZU
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をお勧めします。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。

■作品名 「勇気あるもの」'94年度作品
■監督  ペニー・マーシャル
■主演  ダニー・デビート
■内容
 広告代理店をクビになったビル(ダニー・デビート)は、求職センター
へ通い、やっと職にありついた。その仕事は陸軍の教育係であった。教師
経験もないビルではあったが慰謝料を稼ぐため、その仕事を受けることに
した。ところがいざ行ってみると、ダブルDと呼ばれる落ちこぼれの新兵
8人を教育することが仕事であった。字もロクに読めない生徒達ではあっ
たが、ビルはハムレットを教えるようになる。

■お勧めポイント
 この映画の中でビルが言うセリフに、「自分で選ぶ道が一生の方向を決め
る。おのれに忠実になれ。」という場面があります。この言葉は自分にも言
い聞かせたいですね。また、無事卒業を果たした8人が卒業行進で、将軍
ではなくビルに敬礼をして行進するシーンは笑えます。
 主演のダニー・デビートは「ツインズ」でアーノルド・シュワルツェネ
ッガーとも名コンビを見せてくれました。この作品では「ホワイトナイツ
 白夜」でお馴染みのグレゴリー・ハインズの少佐と息の合ったところを
見せてくれます。

笑える度   ★★★
ファイト度  ☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★
スッキリ度  ☆☆☆
感動度    ★★★

========================================================// PR//====
      ★「ワカル!」★「楽しい!」★「お得っ!」★
『買う』前にいちばん役に立つのは、やっぱり実際に使った人の体験談でしょ
  ~♪ お買物支援サイト【ecHelp】(いーしーへるぷ)新登場 ♪~
     ^^^^^^^^^^^^^^^^           http://www.ecHelp.net/
●えっ!?体験談書いたら私にもポイントくれちゃうの?すぐ行かなきゃ↑●
====//000241-01445//==================================================

■お知らせ
 この作品は、次の日時にTV放映されますので衛星放送が受信可能であれば、
この機会をお見逃しないようにして下さいね。
 10月29日(日) 19:20~   NHK衛星第2

 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り二度は紹介しません。
このメールマガジンを途中から購読された方は、ホームページ上にある
「リスト」から過去に紹介した作品もレンタル時のご参考にして下さい。
そこではスペースの関係からタイトルと主演、あらすじ、が表示されます。
iモードでもタイトル一覧が表示できます。詳しくはホームページへ。

メンタルビデオクラブのホームページ
          http://homepage1.nifty.com/kazu_m
KAZU( E-Mail:mvc@mba.nifty.ne.jp

【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇Macky!(ID:1929)       http://macky.nifty.com/
◇メルマガ天国(ID:259)       http://melten.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルビデオクラブの「購読・解除」ページをご利用して
下さい。 http://homepage1.nifty.com/kazu_m/


<<<<<<<素晴らしきビデオライフを>>>>>>>