配信/mail (471)

Wed, 04 Sep 2013 14:09:58 JST (1899d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第471回>
★                    2013年 8月 8日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「白鯨」 ‘56年度作品
■監督  ジョン・ヒューストン
■出演  グレゴリー・ペック、リチャード・ベースハート
 
■内容
 イシュメイル(リチャード・ベースハート)は、金がなくなりゃ船乗りの
仕事をし、着の身着のままに世界を渡り歩いていた。
 
 今回も、とある港町で船乗りをすることにした。波止場の宿泊所で知り合
ったのはジェロニモの男だ。人の頭を売ると聞いて面食らったが、話してみ
れば気の置けない奴と判り親友になった。
 
 雇われたのは捕鯨船だった。船長のエイハブ(グレゴリー・ペック)は片
足が義足の影のある男だった。それは白鯨と呼ばれる化け物のようなクジラ
に襲われたらしい。そのため、白鯨に復讐するのがエイハブの生きる目的だ
った。皆は呪われていると思ったが、面と向かって言えるものはいなかった。
 
 捕鯨の旅は順調だった。だがエイハブ船長は白鯨を追いかけることのみを
考えていた。大量のクジラがいるにも関わらず、白鯨がいると推測される場
所を目指して舵を取った。
 
 突然、大海原の真ん中で島の匂いがしたかと思えば、空を埋め尽くすほど
のカモメが集まっていた。それは白鯨「モービー・ディック」の出現を意味
していた。
 
 白鯨はその言葉通り全身が雪山かと思えるほど白く巨大なクジラだった。
その噂を船乗り達は知っていたが、初めて見る白鯨は彼らの想像を超えてい
た。だが勇敢な船乗り達は白鯨に戦いを挑んだ。その先頭に立つのはエイハ
ブ船長自身だった。
 
 
■お勧めポイント
 世の中には想像を絶する生き物が存在する。それが海の中であれば、何世
紀経っても神秘の闇に包まれたままだ。
 
 グレゴリー・ペック主演の有名小説を映画化した作品です。何度か映画化さ
れていますが、この作品が一番有名だと思います。
 
 小さい頃、「宝島」という小説を読みました。海賊達が宝を探す話です。船
乗りたちの粗忽な性格に、日常生活を忘れてワクワクしたのを覚えています。
この小説と同じように、巨大なクジラが登場する本作はミステリアスでした。
テレビ放映の翌週予告で、エイハブ船長が白鯨から船乗りたちを手招きするシ
ーンが、未だに忘れられない不気味さを味わいました。
 本原稿を書くのに再度観てみると、オーソン・ウェルズも出演していたのに
驚きました。
 
 今ならSFXを駆使して難なく白鯨を動かすことが出来るのでしょうが、50
年も前の作品で、これほどの迫力を感じるのは凄いです。クジラですから巨体
に似合わない小さな目が、これほど威力を発揮する目であるのも不気味です。
エイハブ船長の取り憑かれた姿は、さすがは名優グレゴリー・ペックだと思え
ました。悪魔と取引したと思えるエイハブ船長の無謀な行動に、他の船乗りた
ちも魂を売り渡して導かれるのは当然と思えます。
 
 物語はよく考えられています。あの出来事がここで役に立つのだと、無駄な
シーンが無いのに感心しました。また実社会と同じく運命めいたものを感じま
した。
 
 最近、深海の生物が話題になっていますが、その発端に思えるのがクジラと
巨大イカの死闘の伝説です。巨大なイカが実在したのだから、この作品のよう
な白鯨がいても不思議ではないと思います。いつの日か、白鯨の存在も実証さ
れたらと、男のロマンをくすぐる作品です(笑)
 
 この週末はこの作品で、大海原への航海を味わってみませんか?
 
 
笑える度   ★
ファイト度  ☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★
スッキリ度  ☆☆☆☆
感動度    ★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「テラビシアにかける橋」
   BSプレミアム       8月 9日(金) 13:00~
・「シカゴ」
   BSプレミアム       8月 9日(金) 23:45~
・「HOME 愛しの座敷わらし」
   テレビ朝日系        8月11日(日) 21:00~
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28438%29
・「嵐を呼ぶ男」
   BSプレミアム       8月12日(月) 13:00~
・「グラディエーター」
   BSプレミアム       8月12日(月) 20:00~
・「明日への遺言」
   BSプレミアム       8月13日(火) 21:00~
・「風とライオン」
   BSプレミアム       8月14日(水) 13:00~
・「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」
   BSプレミアム       8月15日(木) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今日この頃
 今日から夏の全国高校野球大会が始まりました。
 私は学生の時、甲子園でバイトしていたので、とても懐かしいです。
 特に高校野球の時は、第1試合から最終試合終了までの長丁場だったので、
今でもよく体力が続いたものだと感心します。
 その当時の常連校が尾藤監督率いる箕島高校でした。実際に尾藤監督を見た
時、テレビ通りに筋肉隆々とした姿に強力なリーダー・シップを感じました。
 今回、その息子さんが率いる箕島高校が登場するとのことで、懐かしさを感
じると共に、自分も歳をとったものだと嘆きました(笑)
 残念ながら箕島高校は敗退しました。
 地元、大阪桐蔭高校は勝ち上がったので、まだまだ楽しみです。
 どこのチームが勝つにしろ、悔いを残さないようにがんばって欲しいもので
す。カンカン照りも困りますが、出来る限り好天で試合できると良いですね。
雨の時は私も大変でした(笑)
 
 
 『明日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。
 
-以下、いつもの説明文です。
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net
 
【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>