配信/mail (481)

Thu, 12 Jun 2014 13:39:33 JST (1616d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第481回>
★                    2013年10月17日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「アイガー北壁」 ‘08年度作品
■監督  フィリップ・シュテルツェル
■出演  ベンノ・フユルマン、ヨハンナ・ヴォカレク、フロリアン・ルー
カス
 
■内容
 1936年ベルリンオリンピックを控えたドイツで世界を驚かせる発表があっ
た。ヨーロッパ最後の難関と言われる『アイガー北壁』を制覇したドイツ人
に金メダルを授与するというものだ。
 
 新聞社に入社したルイーゼ(ヨハンナ・ヴォカレク)は、会議で幼馴染の
名を聞いた。それはトニー(ベンノ・フユルマン)とアンディ(フロリアン・
ルーカス)という登山家であった。彼らなら『アイガー北壁』を制覇できる
かもしれないということだ。
 
 トニーとアンディは『アイガー北壁』をやるか思案したが、軍隊を辞めて
も登る決意をした。
 
 アイガーには彼ら以外にも有名な登山チームが大挙した。一番のライバル
はオーストリア人のチームだ。登山家以外にも多くの見物客、報道関係者で
麓は一大観光地と化していた。その中にルイーゼも見習いカメラマンとして
やって来ていた。
 
 7月18日、月の輝く夜トニーとアンディは密かにテントを抜け出しアイ
ガー北壁を登り始めた。
 
 
■お勧めポイント
 大自然の脅威は人間も生き物の一つだと知らされる。
 
 実話を元にした作品です。アルプス史上最大の事件と呼ばれる物語です。
 日本の槍ヶ岳を巨大化したようなアイガーの北壁は、映画で見上げても脅威
を感じます。正に壁です。夏だというのに雪も積もっています。
 
 全編の半分以上は山の中です。空中から撮影したシーンや観光客が中腹の展
望台で見下ろすシーンはぞっとします。こんな壁を人間の手だけで登れるもの
か!と思ってしまいます。
 
 この物語には2つの登山チームが登場します。ライバルということで同じル
ートを選びます。これがそもそもの間違いの始まりです。どこに問題があった
のか、どうすればよかったのか、観終わった後、色々と考えてしまいます。結
果論を言っても仕方がありません。彼らの行動のほとんどは正しい選択だと思
います。山男は紳士的な規範に基づくと言われますが、正にそのとおりの行動
です。
 
 ザイルと呼ばれる一本のロープでお互いの体を結び、互いの安全を確保しま
す。一人が転落したらもう一人がパートナーを支えます。ザイルは命綱です。
ザイルが切れるのは自然か故意だけです。だからパートナーとの信頼は一生物
です。
 
 壁を横断するテクニック(トラバース)があります。マンガでは見たことが
ありますが、実際にそれをやるのは初めてです。CGを使わずにやっているよ
うで、このシーンだけでも手に力が入りました。
 
 トニーの言葉が印象に残りました。『選んだ道だから』
 ルイーゼからのメッセージも心に響きます。
 エンドロールの重々しい音楽で終わりかと思いきや、最後の最後に観た者を
勇気づけてくれるものが残されてあります。どうぞ最後の最後まで観てくださ
いね。
 
 置いていないレンタル店もありますが、ちょっと探せば置いてあります。最
近は取り寄せが出来る店もあります。ぜひご覧ください。
 
笑える度   ★
ファイト度  ☆☆☆☆
ほのぼの度  ★
スッキリ度  ☆
感動度    ★★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった」
   日本テレビ系       10月18日(金) 21:00~

・「私がクマにキレた理由(わけ)」
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28461%29
   BSプレミアム      10月19日(土)  0:15~

・「探偵物語」
   BSプレミアム      10月22日(火) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今日この頃
 今回ご紹介したのは山岳映画でした。私は山岳物が好きかもしれません。
 夢枕獏さんの小説をマンガ化した谷口ジローさんの『神々の山嶺(いただ
き)』など、最後の最後まで息を呑んで物語を見守ってしまいました。
 
 私に影響を与えたのは新田次郎さんの『孤高の人』だと思います。今回ご紹
介した『アイガー北壁』が山の猛威を見事に表しているので、『孤高の人』も
ぜひ映画化して欲しいものです。
 
 
 『明日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。
 
-以下、いつもの説明文です。
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net
 
【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>