配信/mail (485)

Thu, 12 Jun 2014 13:43:12 JST (1616d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第485回>
★                    2013年11月14日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「ミッドナイト・イン・パリ」 ‘11年度作品
■監督  ウディ・アレン
■出演  オーウェン・ウィルソン、キャシー・ベイツ
 
■内容
 ギル(オーウェン・ウィルソン)は小説家希望だが、今は生活の為、脚本
家をしている。脚本家としては成功したが、夢は自分の小説を出版すること
だった。
 
 滞在中のパリの夜、酔いに任せて街を彷徨っていると、古めかしい車のグ
ループから誰かと間違えられたのか、お誘いがかかった。ギルもホテルへの
帰り道が判らずに途方に暮れていたので、その誘いに乗ることにした。
 
 行き着いた先は社交クラブだった。そこで語らっている人々は、ヘミング
ウェイなど今は亡き文化人であった。
 
 どうやらパリの真夜中は、ある場所でタイムスリップが起こるようだ。そ
して懐かしのパリに行けるようだ。その日からギルは、毎夜文化人と語らい、
自分の感性を高め、おまけに自分の文章をガートルード・スタイン(キャシ
ー・ベイツ)に批評してもらった。
 
 
■お勧めポイント
 一流に接すると知らずに一流の思考が身につく
 
 主人公のギルは小説家を夢見ている割に、文化全般に知識が乏しいのです。
歴史やワインなど、どれ一つをとっても満足に友人と語らえるものがありませ
ん。それに自分の作品を友人に見せて批評してもらうなど、彼のプライドが許
しませんでした。ところが文豪と接して語らうことで、彼の中にあった一流が
開花します。一流とは何かを知るのです。
 
 さらに文豪たちの交友に接することで、現在語られている伝記の真偽を知り
ます。作品では知り得ない誕生秘話を体験しているからこそ、その作品につい
ての知識が豊かになります。
 
 この作品で残念なのは自分の博識のなさです。著名人が多数登場しますが、
その名前を聞いても何者かさえ判らない人がいる点です(汗)私もタイムスリ
ップして勉強してみたいです(笑)
 でもそんなことを知らずとも楽しめるのがこの作品の良いところです。
 この作品に登場するダリで、ダリの作風が判った気がします。
 これは教えてもらいました。美術ガイド役はフランスのサルコジ大統領夫人
だそうです。ファッションモデルですから、それほど不思議ではないかもしれ
ません。
 
 本作の監督はウディ・アレンさんです。ウディ・アレンさんの作品では『ギ
ター弾きの恋』や『スコルピオンの恋まじない』が好きです。いずれもファン
タジーに恋を描いています。
 『スコルピオンの恋まじない』:
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28209%29
 
 流れる音楽は懐かしさを感じるものばかりで、とてもモダンな時間を過ごす
ことができます。
 どうぞこの週末は、この作品でゆったりとした時間を過ごしてください。
 
笑える度   ★★★
ファイト度  ☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★★
スッキリ度  ☆☆
感動度    ★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「恋人たちの予感」
   BSプレミアム系     11月15日(金) 13:00~

・「エリザベズタウン」
   BSプレミアム系     11月15日(金) 23:45~

・「スウィート・ノベンバー」
   BSプレミアム系     11月18日(月) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今日この頃
 最近観た映画の中で意外だったものがあります。
 松本潤さん、上野樹里さん主演の『陽だまりの彼女』です。
 
 ラブストーリーですが、単なるラブストーリーではありません。物語の途中
で、ふと脳裏に直観したシーンがあります。
 それは上野樹里さんがおばあちゃんに膝枕をしてもらうために自らの体を
横たえるのですが、その時、上野さんが人間以外の動物に見えました。誰もが
知っているあの動物です。もしかしたらこれは、との思いが当たりました。あ
の演技、よく真似たものだと感心しました。
 この作品、“女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1”というキャッチコピ
ーですが、それを裏付けるファンタジック・ラブストーリーでした。
 こういう作品、好きです。今回ご紹介した作品も似ていますね。
 
 『明日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。
 
-以下、いつもの説明文です。
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net
 
【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>