配信/mail (486)

Thu, 12 Jun 2014 13:44:05 JST (1621d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第486回>
★                    2013年11月21日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「ガール」 ‘11年度作品
■監督  深川 栄洋
■出演  香里奈、麻生 久美子、吉瀬 美智子、板谷 由夏
 
■内容
 由紀子(香里奈)は29歳の誕生日を迎えた。ヨガのジムで意気投合した聖
子(麻生 久美子)、容子(吉瀬 美智子)、孝子(板谷 由夏)らと女子会
やパン教室でつるんでいた。
 
 聖子は、由紀子のゼミの先輩で34歳になり管理職に昇進したばかりだ。容
子は34歳の営業職だ。最近は異性やおしゃれとも縁遠く仕事一筋になってい
た。孝子は、36歳で一人息子の祐平だけを生きがいに暮らしていた。
 
 みんな仕事や家庭を一生懸命に熟している。問題や悩みも発生するがそれ
を必死に乗り越えようとしていた。一人ではなく周りの人々に支えられなが
ら、共に成長していた。
 
 
■お勧めポイント
 女性の数だけ美しさがあります。女性の数だけ生き方があります。
 
 “自分らしさ”って何でしょうか?そんな問いかけがこの作品にはあります。
またその答えの幾つかがこの作品にあります。
 
 「女性のための作品」という気がします。だからといって、男性が観てもと
ても参考になります。女性だからこそ悩む問題が多く出てきます。それは男性
には気づきにくい事だからこそ、作品を通じて知ることができます。
 
 檀れいさんの役柄が面白いです。能天気なようで実はものすごく考えた行動
がとれる役柄です。そのギャップに驚き笑えます。
 
 一番凄く思えたのが麻生久美子さん演じる新人管理職です。年上の部下で男
性、しかも社内派閥も影響するとなれば、何かと波風が吹きます。一大決意を
した行動はハラハラドキドキです。その行動には「よくやった」と拍手喝采し
ます。
 
 “男の人生は足し算”“女の人生は引き算”というセリフがあります。短い
言葉で端的に特徴を表わしていると思います。でも実際の処、男子、女子では
なく、その人間の考え方で“足し算”にも“引き算”にもなると思います。
 
 今、“女子力”という言葉が社会を駆け巡っています。豊かな国には女子力
が必須なのは古代から変わりません。この作品は現代における女子力とはどう
いうことかを考えさせてくれます。
 この週末は、ぜひこの作品をお楽しみください。
 
笑える度   ★★★
ファイト度  ☆☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★
スッキリ度  ☆☆☆☆
感動度    ★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「明りを灯す人」
   BSプレミアム系     11月22日(金) 13:00~

・「火垂るの墓」
   日本テレビ系       11月22日(金) 21:00~

・「2001年宇宙の旅」
   BSプレミアム系     11月22日(金) 23:45~

・「おにいちゃんのハナビ」
   BSプレミアム系     11月25日(月) 13:00~

・「シャレード デジタル・リマスター版」
   BSプレミアム系     11月25日(月) 21:00~

・「しゃべれども しゃべれども」
   BSプレミアム系     11月26日(火) 21:00~
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28460%29
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今日この頃
 今回ご紹介した作品の主役は、香里奈さんです。来週BSで放映される「し
ゃべれども しゃべれども」にも香里奈さんが登場します。
 
 この作品は、口下手な人たちが落語家に落語を通じて話し方を教わるという
ものです。香里奈さんは無表情で他人と話すのが苦手な役柄です。笑い顔一つ
見せず、ツンツンとした話し方をします。
 そういう印象が香里奈さんにあったのですが、「ガール」では人間味溢れる
悩めるガールな香里奈さんを観ることができました。
 
 俳優さんの受ける印象は役柄に左右されますね。観ている人に好感をもたれ
る役は良いかもしれません。俳優としての幅を広げるためには、あえて汚れ役
も演じなければならない所が歯がゆいところだと思います。
 私なら、自分の性格とまるで違う役柄を演じるなど、とてもできません。
 だからブ男の役など無理です(この一行への批判はお断りします;苦笑)
 
 『明日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。
 
-以下、いつもの説明文です。
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net
 
【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>