配信/mail (488)

Thu, 12 Jun 2014 13:45:32 JST (1617d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第488回>
★                    2013年12月 5日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「みなさん、さようなら」 ‘11年度作品
■監督  中村 義洋
■出演  濱田 岳、倉科 カナ
 
■内容
 1981年、団地に住む渡会【わたらい】 悟(濱田 岳)は、扶六小学校を
卒業と同時に、これからの人生を団地だけで過ごすと決めた。そのために団
地外にある中学校への通学も拒否した。
 
 母親や担任教師は、団地だけで一生を過ごすことなど出来ないと説得した
が、悟は頑として受け付けない。団地内には就職先もあるし、教育はラジオ
の通信教育で大丈夫と言い張った。
 
 悟は身体を鍛えた。団地は自分が守ると心に誓ったからだ。
 中学卒業の歳になると、悟は団地内で働くことにした。いつも行く洋菓子
屋で雇ってくれることになった。母親の援護が功を奏した。
 
 成人になった悟は、小学校の同窓会で憧れの緒方早紀(倉科 カナ)と再
会した。そして緒方と付き合うことになった。緒方も団地内にある幼稚園で
働いていたからデートも容易かった。
 107人いた同級生は、成長と共に団地を去って行った。
 
 
■お勧めポイント
 団地にはすべてがある。でも人が成長するには狭すぎる。
 
 中村義洋監督と濱田岳さん主演のゴールデンコンビです。二人の共演作には
「アヒルと鴨のコインロッカー」「ポテチ」があります。
 
 まず驚くのが大前提です。「団地内だけで生きていく」
 そんなことが可能なのか考えてしまいました。団地の様子を伝える特報を冒
頭で観られます。それを観るとなかなか道理に叶っています。たしかに生活用
品を揃えることも仕事に就くことも可能です。現在ならネットの利用で団地で
なくても、快適な生活を続けることが出来ます。
 
 団地は同じ間取りが多く、どこも似たように見えます。でも住んでいる人は
違うので同じに思えません。住居者の個性がそれぞれの家に宿っているからで
す。
 
 主人公の悟は友人や大切な人が団地を去るのをいつも眺めながら暮らしま
す。恋人に団地を出ることを嘆願されても彼は団地の階段を降りることが出来
ません。実は彼が団地だけで過ごそうと決めたのは、ある事件があったからで
す。それが彼を団地に閉じ込め、強くなろうと決意させたのです。
 
 主人公の濱田 岳さんですが、この作品で12歳から30歳までを演じます。
どの歳でも違和感がないのは凄いことです。特にメイクやCGを使っている訳
でもないのにそれ相応の歳に見えるのは、振る舞いや言葉使いのせいでしょう
か?元々、濱田岳さんは年齢不詳な感じでしたが、この役はぴったりに思えま
す。
 
 さてこの物語の結末はどうなるのでしょうか?始まる前から疑問に思って
いましたが、その結末はご自分の目でご覧ください。
 観終わる頃には何かを悟るように思えます。
 就活が1時間で終了するのは笑えます。
 
 この週末はこの作品を楽しんでくださいね。
 
笑える度   ★★★
ファイト度  ☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★
スッキリ度  ☆☆☆
感動度    ★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「いつも2人で」
   BSプレミアム      12月 6日(金) 13:00~

・「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」
   BSプレミアム      12月 8日(日) 21:00~

・「太平洋ひとりぼっち」
   BSプレミアム      12月 9日(月) 13:00~

・「Love Letter」
   BSプレミアム      12月10日(火) 13:00~

・「忠臣蔵 前編」
   BSプレミアム      12月12日(木) 13:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今日この頃
 今週ご紹介の作品名を見て、もしかしたら?と思った方もいるかもしれませ
ん。そうなのです。全く意味はありません(汗)
 ただこの作品が好きなだけです(笑)
 
 この作品を調べていてよく似たタイトルの作品を見つけました。
 「みなさん、さようなら。」というカナダの映画です。こちらもヒューマン・
ドラマで、あらすじを読んだ限りでは興味津々です。
 またいずれ紹介することがあるかもしれません。
 一作から次の観たい作品が見つかる。それの繰り返しで、まだまだ観たい作
品が山のように追加されます。おかげで映画ばかり観る暮らしになってしまい
ました。
 「いゃー、映画って本当にいいもんですね」(有名セリフ権:水野晴郎氏)
 
 『明日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。
 
-以下、いつもの説明文です。
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net
 
【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>