配信/mail (494)

Thu, 12 Jun 2014 13:49:52 JST (1616d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第494回>
★                    2014年 1月23日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「東京家族」     ‘12年度作品
■監督  山田 洋次
■出演  橋爪 功、吉行 和子、
     西村 雅彦、中嶋 朋子、妻夫木 聡、蒼井 優
■内容
 尾道から両親(橋爪 功、吉行 和子)が上京してきた。
 東京で暮らす子供達は皆元気に暮らしていた。
 
 長男(西村 雅彦)は開業医をしていた。両親を連れて横浜観光に出掛け
る直前、急な往診が入り中止せざるを得なかった。
 
 美容院を営んでいる長女(中嶋 朋子)の家では雨が降り続き、結局出掛
けたのは駅前のスーパー銭湯だけだった。
 
 次男(妻夫木 聡)と東京バスツアーに乗ったが、次男の将来を気にする
父親は、うるさく息子を問い詰めた。いくつになっても子供を気にするのは
親の性分だ。
 
 親を持て余した長男、長女は、横浜のホテルへ宿泊することを勧めた。
慣れないホテル暮らしに、二人は一晩でホテルを飛び出してしまった。
ところが長女の家では町内の集まりがあるので両親を泊めるわけにもいかな
かった。
 
 行き場を失った父親は旧友の所へ、母親は次男のアパートに転がり込む事
にした。
 別々に過ごすことになった二人は、東京で一番の思い出に残る夜を過ごす
ことになった。
 次男のアパートには恋人紀子(蒼井 優)が挨拶にやってきた。
 
 
■お勧めポイント
 親心、子供が理解するのは親の年齢。
 
 小津安二郎監督の『東京物語』のリメークです。
 小津安二郎監督の作品は昭和の東京でしたが、山田洋次監督の本作は、平成
の東京にアレンジしてあります。そこには時代の移り変わりを感じます。携帯
電話や車のナビ、スーパー銭湯、東北震災、そして東京スカイツリーが登場し
ます。
 
 一番大きな違いは、淡々と流れる日々を描いた小津監督に対して、山田監督
は、人情の監督らしい感動を盛り込んだ作風になっている点です。
 
 子供達は忙しさに感けて両親を横浜のホテルへ泊めます。それが一番の親孝
行だと考えた子供達ですが、親にとっては子供達の暮らしぶりを見られるのが
一番の楽しみでした。フランス料理も百万ドルの夜景も不要でした。
 
 映画は観る人の年代によって変化します。
 小津監督版を観た頃は、ゆったりとした時間の流れを感じました。一番そう
思ったのがラストの笠智衆さんが座布団に座りながら団扇を扇ぐシーンです。
実際、長時間の撮影で、撮影後の座布団から湯気が立っていたそうです。
 また、東京で一番世話をしてくれたのは、元は他人の次男の嫁という原節子
さんが印象的でした。
 
 今、本作を観ると親の気持ちが痛いほど判ります。特に山田監督はその部分
を強調して作られています。子供達にもっと親を大切にして欲しいと願うばか
りです。
 親の年代になって初めて親の気持ちを理解できます。
 でもその時には親はいないのですね(苦笑)
 
 橋爪功さんと小林稔侍さんの旧友二人が居酒屋で飲むシーンが一番好きで
すね。男はいくつになっても童心に戻れます(苦笑)
 
 吉行和子さんの声を聞くと『ごちそうさま』を思い出して、その声だけで安
心してしまいます(笑)
 
 本作が地上波で放映されます。ぜひこの機会にご覧ください。
 さらに小津安二郎監督の『東京物語』もご覧下さい。
 
笑える度   ★★
ファイト度  ☆☆☆
ほのぼの度  ★★★★★
スッキリ度  ☆☆☆
感動度    ★★★★
 
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「東京家族」(今回お薦め作品)
   テレビ朝日系        1月26日(日) 21:00~
・「あなたは私の婿になる」
   BSプレミアム       1月27日(月) 21:00~
・「涙そうそう」
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28462%29
   BSプレミアム       1月28日(火) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今日この頃
 DVDで何度も観る作品はよくあります。
 しかし劇場で何度も観た作品といえば、『燃えよドラゴン』を思い出します。
それ以降に名画座でたまたま繰り返し観た作品はありましたが、もう一度映画
館で観ようと思った作品は長らくありませんでした。
 
 その記録が途絶えました(笑)
 『トリック劇場版 ラストステージ』をまた観に行ってしまいました。
 2度目はトリックを理解した上で、もう一度確認とラストで泣くためでした。
これでDVD発売までトリックを思い残すこともないのでしょうか?
 『2度行く時は、3度行く』になるのでしょうか(笑)
 
 『明日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。
 
-以下、いつもの説明文です。
■ お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net
 
【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>