配信/mail (498)

Thu, 12 Jun 2014 13:52:32 JST (1618d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第498回>
★                    2014年 2月20日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「ツナグ」     ‘12年度作品
■監督  平川 雄一郎
■出演  松阪 桃李、樹木 希林
■内容
 渋谷歩美(松阪 桃李)は、ツナグをやっている。これは仕事ではなく、
ボランティアのようなものだ。報酬は一切受け取らず、その存在も都市伝説
のように語られるだけだ。
 
 だがツナグは実在していて、代々受け継がれてきたのだ。歩美も大人にな
り、それを引き継ぐ時がきた。今は歩美の祖母であるアイ子(樹木 希林)
が正式に継承したツナグだった。
 
 ツナグとは、亡くなった人とこの世に残された人を繋ぐ行いだ。お互いの
同意があれば、一度だけ引き合わせることが出来る。時間は夕方から明け方
までの陽が隠れている間だけだ。
 
 亡くなった母親にもう一度会いたい息子
 親友を死なせてしまったことを後悔する女子高生
 消息不明の婚約者に、その理由を確かめたい男
 
 
 ■お勧めポイント
 亡くなった人も、残された人も、もう一度話したいことがある
 
 オムニバス形式の人間ドラマを、感動と涙で綴ります。
 突如会えなくなったら、そして言い残したことがあるなら、あなたはどう
するでしょうか?現実にはどうしようもありません。終わることのない自己
嫌悪に陥るだけかもしれません。でもその自己嫌悪が誤解の場合もありま
す。相手は何とも思っていなかったり、自分の思い違いかもしれません。
 
 私が一番好きなのは、女子高生の物語です。橋本愛さん演じる女子高生
は、亡くなった親友に謝りたいことがあります。そのためにツナグを利用す
るのですが、どうしても謝れずにいます。真実が判った時、死してなお、清
く壮大な愛情に、涙なくして見続けることはできませんでした。親友役の大
野いとさんは、役柄にピッタリの優しい声がより涙を誘いました。
 
 ツナグは双方一回しか叶わないことになっています。自分が希望しても、
相手は違う人と会いたいと望んでいるかもしれません。会うのを拒絶するか
もしれません。
 
 ツナグが実際にあれば良いですね。でも悲しいことに存在し無いのだか
ら、人とのふれあいは大切にしなければならないと感じました。もし相手が
生存しているなら、今のうちに胸のうちを告げることが重要だと気づかされ
ました。
 
 物語はツナグ自身の辛さも紹介されます。生きる者全てが他人からは分か
らない悲しみを背負って生きているのですね。
 エンドロールの樹木希林さんの言葉も注意して聞いてください。
 
 本作がテレビ放映されます。この機会にぜひご覧ください。
 
 
笑える度   ★
ファイト度  ☆☆
ほのぼの度  ★★★
スッキリ度  ☆☆
感動度    ★★★★
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「モリエール 恋こそ喜劇」
   BSプレミアム       2月21日(金) 13:00~
・「ツナグ」(今回ご紹介作品)
   日本テレビ系        2月21日(金) 21:00~
・「スイートリトルライズ」
   BSプレミアム       2月21日(金) 23:45~
・「レオン」
   BSプレミアム       2月22日(土) 21:00~
・「50回目のファースト・キス」
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28292%29
   BSプレミアム       2月24日(月) 21:00~
・「明日の記憶」
   BSプレミアム       2月25日(火) 21:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今日この頃
 『奇跡の人』をもう一度観たくって借りてきました。
 目と耳が不自由なヘレンケラーの伝記です。
 
 どうやって意思疎通を計るのか、以前観た時のことを忘れてました。
 今観ると、なるほどと感心しました。目や声で伝えることが出来なくて
も、手や匂い、味で伝えることが出来るのですね。特に手は、偉大な力があ
ることを知りました。
 
 今回ご紹介した作品もそうですが、意思疎通がうまくいかないこともあり
ます。でも人間は、言葉以外にもお互いの感情を伝えるものをたくさん持っ
ています。だから言葉ではうまく伝えられなかったら、他の方法を模索して
みるのが重要ですね。
 
 『明日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。
 
-以下、いつもの説明文です。
■お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net
 
【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>