配信/mail (501)

Thu, 12 Jun 2014 13:54:53 JST (1617d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第501回>
★                    2014年 3月13日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「おじいさんと草原の小学校」     ‘10年度作品
■監督  ジャスティン・チャドウィック
■出演  ナオミ・ハリス、オリヴァー・リトンド
■内容
 1953年マウマウ団による乱が発生し、英国植民地であったケニアの独立運
動が過激化した。マルゲ(オリヴァー・リトンド)もキクユ族の勇士として
戦いに参加した。その戦いで家族を失いマルゲ自身も長く収容所暮らしを虐
げられた。
 
 その戦いが功を賞してケニア共和国が誕生した。新政府は国力向上のた
め、小学校の無料化を打ち出した。今まで金がなくて通えなかった子供たち
は学校に殺到した。その子供たちに交じって現れたのがマルゲだった。マル
ゲは84歳にも関わらず、無料で教育が受けられると思ってやってきた。
 
 しかし学校側は子供たちを優先するあまり、マルゲに理由を突き付けて追
い返した。だがマルゲはその理由を克服して再び現れた。そのたびに別の理
由を言うのだが、それでもマルゲはやってきた。マルゲの真剣な姿に、ジェ
ーン校長(ナオミ・ハリス)も自分の裁量で入学を認めた。
 
 84歳の老人が小学校に入学したという話題が新聞、ラジオで取り上げられ
ると、予想以上にマルゲを非難する声が上がった。それは戦いで対立した民
族による批難が大多数だった。
 
 マルゲは言う。
 『自分で読まなければならない大事な手紙がある。自分で読んでその内容
を理解できるようになりたい』
 その大切な手紙には何が書かれてあるのか。
 
 
■お勧めポイント
 強い意志があれば、齢は理由にはならない。
 
 これは実話です。主人公のマルゲさんは最高齢の小学生としてギネス認定
されています。
 
 足を引きずって歩くマルゲさんは、戦いでつま先と片方の聴力を失いまし
た。そんな姿で小学校にやってくるのは、その手紙を読みたいという強い意
志でした。
 
 成人向けの学校もあるのですが、学費が必要なのと、生徒である大人たち
のやる気のなさでした。小学校を追い出されたマルゲさんが成人学校に行く
シーンがあります。授業中にも関わらず私語する人、やる気のない教師、こ
んな環境ではとても勉強できません。家から遠いというのも足の不自由なマ
ルゲさんには負担です。
 
 手紙の内容を教えて欲しいだけなら、誰かに読んでもらえば叶います。で
もそれが出来なかったのは、戦いで拷問を受け、家族を殺され、誰も信じら
れなくなっていたからです。自分で読んで、その意味を理解しなければ、嘘
を教えられるかもしれないからです。
 
 さてこの手紙は誰からなのでしょうか?その内容はどのようなものでしょ
うか?マルゲさんはこの手紙を読めるようになるのでしょうか?
 
 物語の最後にその手紙の内容が明らかになります。そういえば途中でヒン
トめいた会話がありました。マルゲさんも誰かから聞いていたかもしれませ
んが、自分で確かめたかったのです。このシーンは一番泣けます。
 
 あと泣けるのは、マルゲさんを支援したことでジェーン校長は解任されま
す。でも彼女を慕う子供たちが、マルゲさんのように、戦う姿を見せるシー
ンです。
 
 マルゲさんのセリフに『土に埋められるまで学ぶ』というのがあります。
年老いて記憶力や学習意欲が低下した、というのは言い訳にしか過ぎないと
感じました。常に学ぶ心が大事ですね。
 
 
笑える度   ★
ファイト度  ☆☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★★
スッキリ度  ☆☆☆
感動度    ★★★★
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「いまを生きる」
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28167%29
   BSプレミアム       3月14日(金) 13:00~
・「神様のカルテ」
   日本テレビ系        3月14日(金) 21:00~
・「宇宙兄弟」
   フジテレビ系        3月15日(土) 21:00~
・「スラムドッグ$ミリオネア」
   BSプレミアム       3月17日(月) 21:00~
・「グリーン・デスティニー」
   BSプレミアム       3月18日(火) 13:00~
・「英国王のスピーチ」
http://mcc.kao-smile.net/index.php?%E9%85%8D%E4%BF%A1%2Fmail%20%28414%29
   BSプレミアム       3月18日(火) 21:00~
・「グラディエーター」
   BSプレミアム       3月19日(水) 13:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今日この頃
 先日、一般劇場での上映後に監督の舞台挨拶が始まりました(笑)
 上映前に映画館の係員が何か言ったのですが、ちょうど場内アナウンスと
重なって、誰かの挨拶があるとしか聞き取れませんでした。上映後にそれが
今観た作品の監督だと判りました。
 
 この監督、近くにお住まいなのか1週間に3回も観に来たらしいです。監
督の説明をお聞きすると、リテールまで拘って製作されたのがよく判りま
す。鑑賞前にお聞きしていたら、もっと作品を楽しめたと思います。だから
何度も観に来ないといけないのですね(笑)
 
 何よりも面白かったのが、Youtubeにアップしたいからとビデオカメラを2
脚もセットされた点です。これを係員から紹介された後に自分でセッティン
グを始めたものですから、紹介から挨拶開始まで2分ぐらい沈黙がありまし
た。係員も1脚だと思って場を繋いでいたのですが、さらにもう1脚取り出
してきたところぐらいから沈黙になりました(笑)
 やはり映画監督は偉大です。
 ちなみに2脚の理由は、正面と斜め前から撮って編集されるようです。
 
 『明日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。
 
-以下、いつもの説明文です。
■お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net
 
【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさい。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>