配信/mail (512)

Thu, 12 Jun 2014 14:02:34 JST (1141d)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
★      メンタルシネマクラブ(Mental Cinema Club)
☆  <第512回>
★                    2014年 6月 5日
☆ 
★ 心に優しい映画を
☆        あなたに伝えたい
★ http://mcc.kao-smile.net/
☆ E-Mail:mcc@kao-smile.net
★ 発行者:Kaz.
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
今週は、この作品をご紹介します。
既に観た人は、ごめんなさい。次回をお楽しみに。
 
■作品名 「声をかくす人」  ‘11年度作品
■監督  ロバート・レッドフォード
■出演  ジェームズ・マカヴォイ、ロビン・ライト
■内容
 1865年南北戦争は北軍の勝利で終わった。北軍の大尉として従軍したフレ
デリック(ジェームズ・マカヴォイ)は戦争の英雄だったが弁護士に戻るこ
とにした。戦争を忘れたいのと許嫁との幸せな生活を望んだからだ。
 
 平和もつかの間、北軍を支援したリンカーン大統領が南軍残党に暗殺され
てしまった。主犯は逃亡後に撃たれて死に、共犯者は次々に捕まえられた。
その共犯者にジョン・サラットの名前が挙げられた。ジョンは逃亡したが、
その母親のメアリー・サラット(ロビン・ライト)が犯人たちに宿を提供し
ていたことから捕まえられた。
 
 容疑者たちの裁判が始まった。だが裁判とは名ばかりで、実質は軍法会議
に近いものだった。この裁判に関わる人たちは北軍関係の人ばかりで、全国
民が注目する中、一刻も早く処罰を実行したいと考えていた。
 
 この裁判でメアリー・サラットの弁護をフレデリックが担当することにな
った。それは彼が望んだのではなく、恩のある上院議員から頼まれたから
だ。
 
 あまりにも決めつけた裁判のやり方に正義感の強いフレデリックは反感し
た。メアリーの誠実さにも好感をもったが、彼女の無実を証明するにはあま
りにも状況が悪かった。だがフレデリックは必死で弁護を続けた。しかしそ
れは北軍の英雄であったフレデリックさえも敵対視されることになった。
 
 
■お勧めポイント
 声を隠すのは誰のため何のため
 
 リンカーン大統領暗殺事件の史実をロバート・レッドフォード監督が描い
た感動作です。
 
 容疑者は圧倒的に不利な状況であり、フレデリックの個人的な感情さえも
抑えなければならない。それでも弁護士としての職務と持ち前の正義感を欺
くことは出来ず、自分の信念のままに行動していきます。
 
 証人として出廷する人々は、偽証であったとしても有罪に有利な発言を繰
り返します。フレデリックはそれを必死に撤回していきます。さらに予め言
質をとった弁護側の証人さえも裁判では不利な証言をします。
 
 メアリーは無実を主張するものの、自分を弁明することはしません。犯罪
に加担した息子を止められなかった自責の念に囚われているのでした。
 フレデリックはメアリーの無実を証明するために、息子のジョンにのみ罪
があると弁護していきます。その結果、メアリーや彼女の娘の気持ちを傷つ
けることになります。またフレデリックの許嫁も世間から疎外されていくフ
レデリックに不満がうっ積していきます。その中にあってもフレデリックの
信念は変わりません。
 
 メアリーの息子であるジョンとフレデリックが会話するシーンは印象に残
ります。母親と息子の絆とは何だろうかと考えてしまいます。
 
 ジョンも捕まって裁判を受けることになるのですが、こちらの判決はどう
だったのでしょうか。時代は変る。よく言われる言葉ですが、良い方向に変
わって頂きたいと願います。
 これは史実に基づいて再現した物語です。
 
 この週末はどうぞこの作品をお楽しみください。
 
笑える度   ★
ファイト度  ☆☆☆☆
ほのぼの度  ★★
スッキリ度  ☆☆
感動度    ★★★★
 
■今週のお茶の間劇場(TV番組表とかで確認して下さいね)
・「春との旅」
   BSプレミアム       6月 6日(金) 23:45~

・「私の中のあなた」
   BSプレミアム       6月 9日(月) 21:00~

・「パラダイス・キス」
   BSプレミアム       6月10日(火) 21:00~

・「シンシナティ・キッド」
   BSプレミアム       6月11日(水) 13:00~
――――――――――――――――――――――――――――――
※「今週のお茶の間劇場」で作品名の下にアドレスがある場合は、
メンタルシネマクラブで紹介した時のあらすじにリンクされています。
ご参考にしてください。
     ◇◇◇     ◇◇◇     ◇◇◇
 
 
■今日この頃
 “匂いのキツイ食べ物は持ち込まないでください”
 こういう注意書きが映画館で貼り出されていました。そんなキツイ匂いが
するものは何でしょうか?餃子でしょうか?(笑)
 
 大阪では豚まん(全国的には肉まん)が有名です。この豚まんは結構匂い
がします。電車内でよくその匂いがしますが、包装を開ければ、さらに強い
匂いがします。これを持ち込んだのでしょうか?
 
 どうも同じビルにあるハンバーガー屋の商品のようです。そのハンバーガ
ー屋の入り口ドアに“映画館に持ち込めません”と今まで無かった張り紙が
出たので、たぶんそうだと思います。
 
 最近の映画館は外部からの持ち込みは禁止されていますが、どうもその映
画館は許しているようです。以前、お馴染みのハンバーガー屋の紙袋と一目
瞭然で分かる匂いがしていても、何も言われずに入場するのをお見かけしま
した。
 
 私は映画館の売上のためにも、毎回カフェラティは買うことにしていま
す。これを飲みながら味わう映画は至福の時です。
 
 『明日もめげずに、がんばルンバ!でも無理しなくていいよ』
 
 ここまで読んで下さって、本当にありがとうございます。
 
-以下、いつもの説明文です。
■お知らせ
 一度お勧めした映画は、よほどの理由がない限り再度紹介しません。
メンタルシネマクラブのホームページ
 http://mcc.kao-smile.net/
 Kaz.( E-Mail:mcc@kao-smile.net
 
【ご注意】
1.多くのレンタルビデオ屋さんにおいてあると思われる作品をご紹介して
おりますが、お近くのレンタルビデオ屋さんで見つからない時はごめんなさ
い。
2.本誌をご利用になる上で発生したあらゆる損害に関して、一切の賠償責任
を免れます。
3.本誌掲載記事を許可なく転載することを禁止します。


このメールマガジンは、次のところから配信しています
◇melma!(ID:00152985 )    http://melma.com/
◇まぐまぐ  (ID:0000032247 )   http://www.mag2.com/
◇めろんぱん (ID:000295)      http://www.melonpan.net/

このメールマガジンを購読・解除するためには、上記の各配信サイトから
設定されるか、メンタルシネマクラブの「購読・解除」ページをご利用下さい。
 http://mcc.kao-smile.net/


<<<<<<<素晴らしきシネマライフを>>>>>>>