鑑賞/ありがとう

Sun, 15 Apr 2012 20:24:37 JST (2404d)

あらすじ

1995年1月17日、阪神大震災が起こった。神戸の長田区で写真店をしていた古市忠夫も被害にあった一人だった。家は全壊し、仕事もなくなった。

彼の元には家族と車、そしてゴルフバックだけが残った。災害に強い街を作るため、復旧活動に全力を尽くしたが、その後、仕事もせず、ぶらぶらしている忠夫だった。

そしてある日、彼は生かされた命を大切に、残ったゴルフ道具を手に、プロゴルファになるべく、練習を開始した。

普通の中年男が、若手ホープ達に混じって、プロテスト最終まで残ることができた。

そして最終テストは、大雨の中、始まった。


解説

赤井英和さんが主演の実話を元にした物語です。
多くの友人を震災で亡くした忠夫は、活かされた命を、彼らのため、家族のため、そして自分のために、賭けてみようと考えたのでした。
大阪弁の会話が面白いです。たくさんの友情出演があって、涙するシーンも多いです。

熱く、がんばろうとする気持ちが高まってきます。