鑑賞/ステキな金縛り

Sun, 15 Apr 2012 20:24:37 JST (2405d)

あらすじ

一人の男が殺人犯にされかけていた。その弁護人をするのは、父親が有名な弁護士であったが、その七光の中、ことごとく失敗を続けるエミであった。


今回の弁護は難しい状況であった。被告は自殺をしようと旅館に泊まったが、彼のアリバイを立証する術がなかった。おまけに旅館の女将が、夜中にいなかったと証言している。本人の弁では、一晩中金縛りにあっていたという。


現場検証にと旅館を訪れたエミは、被告が泊まった部屋で、被告と同様に金縛りに合い、幽霊と対面した。


この幽霊がアリバイを証言してくれれば、被告の無実が立証できると考えたエミは、幽霊を引き連れて、法廷に臨んだ。


前代未聞の幽霊によるアリバイ証言は、認めれるのであろうか、そして被告は無罪を勝ち取ることができるのでしょうか。


解説

三谷幸喜監督のコメディ作品です。主演は深津絵里さん、幽霊には西田敏行さん、対する検事に中井貴一さん、それ以外にも、ものすごく豪華な俳優さんのてんこ盛りです。


見始めてすぐに思うのが、これは三谷映画だということです。
笑いだしたら最後、やっぱり笑ってしまうシーンの連続です。でも、ちょっと前の作品に比べたら、今回は大声で笑ってしまうシーンは、ほとんどありません。でもクスクスというシーンは、相も変わらずで、観た人を幸せな気分にしてくれます。


今回は特に、深津絵里さんが光っています。この女優さん、こんなに綺麗だっけ(ごめんなさい)と思ってしまったほど、素晴らしいです。目がキラキラ輝いていて、向上心に燃える若き弁護士を熱演されています。


幽霊が一部の人にしか見えないので、一人芝居のシーンもたくさんあるのですが、そのシーンでも一際輝いていますので、今回はこの深津さんを中心に楽しんでください。


さて、最後にクエスチョンです。
豪華な俳優さんの中で、大泉洋さんも出ています。この人が出ているシーンが判れば、あなたは本当に映画好きだと思います。