鑑賞/テッド

Wed, 23 Jan 2013 09:36:56 JST (2123d)

テッド

友達がいないジョンは願った。ずっと一緒にいてくれる友達が欲しいと。その願いは聞き入れられ、クリスマスプレゼントにもらったデディベアは命を宿った。その日からテッドと名付けられたぬいぐるみと寝食を共にした。だがジョンも大人になり、恋人との結婚も考える年頃になった。


デディベアのぬいぐるみが良くできています。CGでもないようですが、柱をよじ登るシーンなど、どのように制作されたのか知りたいですね。ぬいぐるみの時は幼い声だったのが、35年も経つとおっさんの声になり(笑)、体にも汚れが目立つようになりました。でも変わらないのは、子供の純粋さをもつ心です。それはジョンも同じで、それが原因で恋人との縁も風前の灯。
R15+もよく理解できる。悪ガキ共が大人になったという作品で、下ネタが多い。そうでなければ、子供にも見てもらえそうな話ですが。それでも恋愛が絡んでいるから難しいですかね。