鑑賞/ライフ・オブ・パイ

Fri, 25 Jan 2013 20:03:22 JST (2120d)

ライフ・オブ・パイ

パイというニックネームを持つ少年が乗っていた船が難破した。彼の家族は船と共に行方知れずだ。おまけに彼の救命ボートにはリチャード・パーカーという名のベンガル虎も乗っていた。彼らはそのまま227日漂流することになる。


実話を元に書いた小説がベストセラーになり、映画化されました。


この作品を観て、まず感じたのは、生きていくということは残酷なことであり、犠牲になった数知れずの生き物が存在するということです。この作品ほど、生きるということを見せつけられた作品はありません。残酷であっても、私たちもそうやって生きているんだと考えさせられました。


もっとメルヘンティックな作品かと思いましたが、いきなり後頭部を殴られた衝撃が走りました。