鑑賞/男はつらいよ/39寅次郎物語

Thu, 20 Jun 2013 15:55:51 JST (1973d)

寅次郎物語

とらやに男の子がやってきた。寅さんを訪ねてきたらしい。そこへ偶然寅さんが帰ってきて、その子を見るなり、見覚えがあると言い出した。なんと寅さんが名付け親になった同業者の子供だった。父親が死に、寅さんを頼って出て来たらしい。寅さんは母親の消息を頼りに、子供を連れて出かける。

旅館で子供が熱を出したのが縁で、隆子(秋吉久美子さん)と知り合う。子供を挟んで夫婦のように「お父さん」「お母さん」と呼び合う。今回のマドンナは、秋吉久美子さんです。

捜し歩いた子供の母親に五月みどりさんが登場しています。

ラストシーンで、満男から「人間は何のために生きているの?」と聞かれて、「たまにある生きてて良かったと思うことのために生きているんじゃないのかな」という寅さんの答えが良かった。