鑑賞/鑑定士と顔のない依頼人

Tue, 14 Jan 2014 14:59:33 JST (1765d)

あらすじ

美術品の鑑定士をする主人公に鑑定依頼が来る。この依頼人、何度訪れても直接会う事ができない。用件は召使いか声を聞くだけだった。そんな依頼人に興味を感じた鑑定士は、依頼人の姿を盗み見することにした。それはうら若い女性だった。彼女は事故の後遺症で小部屋に閉じこもって、誰とも会うことがなく暮らしているのだった。

感想

前評判の高い作品でした。昨年末から公開されていましたが、なかなか観る機会がなく、2014年になってしまいました。
途中で犯人の予想はついたのですが、逆に犯人の一言一句を噛み締めて聞く事ができました。孤独で几帳面な人が陥り易い罠だとストーリーよりも主人公の変貌に興味が注がれました。